マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

Amazonの激安クイックリリースクランプ[INPON]を買ったら失敗した

inpon00VLOG撮影時、三脚→三脚間の脱着をスムーズにするために、クイックシューを追加で探してたんですが、

先日購入したクイックシュー付き自由雲台と互換性のある、中華製のクイックリリースクランプセットを買ってみました。

INPONというメーカーの製品なんですけど、送料無料で¥1600。やっす。

「撮影効率あがるぞー」とワクワクしてたんですが、失敗しました。あわや返品というレベルの失敗。

スポンサーリンク

INPONクイックリリースクランプ+プレートセット

inpon01メーカー▶INPON
価格▶¥1600
製造国▶中国
内容物▶50mmプレート(アルカスイス互換)

去年くらいからこの手の製品って増えてるんですよね。メーカーのロゴだけ違って、外観ほぼ同じ、みたいな。

品質の良さは、実際に買って確かめるしかありません。

inpon05こちらが表。

inpon06こちらが裏面。

〜この商品の特徴のまとめ〜
・航空機用のアルミニウム削り出し
・高品質のアルマイト処理で劣化が少ない
・アルカスイス互換
・3箇所に水準器内蔵

inpon02(右)こちらの自由雲台と合わせて使う目的で今回買ってみたんですが、質感には大差なし。

inpon03プレートサイズもほぼ同じ。

プレートとクランプを固定するときに使うスクリュー部分が、INPONの方がゴツめ。

inpon08これまで撮影するときに使ってた自由雲台は、366g。

inpon07INPONのクランプは、125gです。200g以上軽くなるのは、かなり大きいです。

スポンサーリンク

【失敗】三脚側がオス仕様

inpon09「失敗したっ」というのは、見出しの通り。

このクランプ、三脚側が”オス仕様”になってました。

「いや普通メスと思うやん!」って何回も思ったんですけど、販売ページに画像が載っていたにも関わらず、確認不足で注文した僕のミス。

完全なる油断です。はい。

とはいえ、失敗のままにしておくのは悔しいので、色々手持ちのやつで試行錯誤してみたところ、バッチリ解決することができました。

inpon10随分前に買って、最近はほとんど使ってなかったHAKUBAのミニ雲台。これが今回のピンチを救ってくれました。

inpon11雲台をバラして、

inpon12クランプのオスに装着て、雲台と合体。

inpon13しっかり安定してくれてます。

inpon14この装備だと、231g。TRIPLE TREEの自由雲台に比べても、100g以上軽いまま。

inpon15メインで使ってるNEX-5Rをつけた図がこちら。見た目は華奢ですけど、思いのほかガチッと止まってくれます。

inpon16この装備をゴリラポッドにつけると、アングル調整もサクッと済みます。

三脚間の移行もスムーズ

inpon18この装備(システム)の最大のメリットは、アングル変更時の時短。

(右)ゴリラポッドから(左)の低めの三脚にアングルを変えたいときなんかに、絶大な効果を発揮します。

inpon19ゴリラポッド側のスクリューをゆるめてカメラを外し、

inpon20低いアングルに設定した三脚にマウントするだけ。

inpon21マンフロットのクイックシューのような、バチッと感はないですけど、十分時短になります。

スポンサーリンク

Amazonの格安クイッククランプ(クイックシュー)ならこっちがおすすめ

inpon22イマイチなところとしては、メーカーのロゴが邪魔なところ。隠したい。

メーカー名をアピールしてくるのは、”中華製格安ガジェットあるある”かもしれません。

使い始めて3週間くらい経ちましたが、壊れてないし、使用感も全く問題なし。すぐに壊れて使い物になりそうな気配も、今のところなしでなので、第一印象はGOODです。

コスパはいいですし。

INPONのクランプについて書いたけど、なんだか「HAKUBAのミニ雲台がいい仕事した」みたいになってしまいました。はは。

inpon17ちなみに、HAKUBAのパーツを使えば、ゴリラポッドに直でつけられます。

これだと、見た目がすごいスッキリしますが、アングルの微調整に時間がかかるのでオススメしません。ゴリラポッドをギシギシ動かしてミリ単位の調整は非常に疲れます。

みなさんも、僕のような凡ミスをしないよう、Amazonで買い物するときは商品画像を全てチェックしましょう!

 

ガジェットBOXの中で眠ってたHAKUBAのミニ雲台が活用できたので、結果オーライだったんですけど、商品画像は良く見て確認しないといけませんね。

アマゾン歴は結構長いですけど、このレベルの凡ミスは今後避けたい。

 

 

こちらは三脚穴がメスで、本来僕が欲しかったやつ。もしも、時間を遡れるなら、過去に戻ってこっちを買います。

メーカー名は違うけど、商品画像を見る限りほぼ一緒なので。

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top