マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

Hurley(ハーレイ)のDRY-FITキャップはダンサーに完全におすすめ

hurley_cap01ダンスの練習するとき、僕は何かしらの帽子をかぶり派なんですけど、ニットよりもキャップが好きです。

特にスナップバック式は、頭の大きさに合わせられるので、練習中ズレることもすくないです。

でも【汗が大量に出る場面で使えるいい感じのキャップ】って意外とないんですよね。

ニューエラのキャップが理想だとなんですが、汗を吸わせたくないし、洗えないし、塩の後が目立ったり、調節できないし。

▼こんなのあったらいいなぁ」というキャップの条件▼
①ニューエラっぽいシルエット
②サイズを調節できて
③汗などの水気に強い素材
④あわよくば洗ってもよしなやつ。

全てを兼ね備えたキャップなんぞ、もはや自分で自作するしかなさそうんですけど、

先日、偶然にもこれらすべての条件が揃うキャップを見つけることができました。

あまりに気に入りすぎて、全色揃えることを決意するくらいです。

スポンサーリンク

Hurley(ハーレイ)

hurley_cap00価格▶¥4498
素材▶ポリエステル95% ポリウレタン5%

Hurley(ハーレー)という、カリフォルニア生まれのスイムウェアのブランドが作ってるキャップなんですけど、ちょっと普通のキャップとは違うんですよコレ。

hurley_cap02本体部分にはNIKEのDRY-FIT素材が使用されており、汗を吸ってもスグ乾くサラサラ生地。

メッシュっぽくドット模様の加工も入っており、通気性も確保されてて、テック系のスポーツウェアのような気持ちいい手触りです。

この素材の帽子って、ジョギング系のキャップだと定番ですけど、ニューエラっぽい感じのシルエットのものはありそうでなかったですよね。

真ん中ロゴもシンプル。シリコンっぽい素材になってるので新鮮です。

つばの部分がフラットで少し上に上がってますが、このツバの感じもドンズバ。

アリさんのような感じで被りこなせます。

スポンサーリンク

「手洗いOK」という機能性

hurley_cap03ニューエラの定番キャップの生地は綿100%なので、どんだけ気をつけてても、汗や湿気の影響を直接受けてしまいます。

練習用で使うものだと、汗で色見が変わったり、そのまま放置すれば変形するし、

「メンテナンスのしにくさ」が、練習用のキャップとしてはイマイチなところ。これは、ニューエラのみならず、他の綿100%の帽子に共通する課題といえますが、

その点、HurleyのDRI-FITキャップの「手洗いOK」というのは、かなりポイント高く感じます。

流石に洗濯機に放りこんでザブザブやると型崩れするようですが、丸洗いできるというのは、このテック系の素材だからこそなせるワザ。

「洗う」というメンテナンスが許されるのは、マジでありがたいですよねー。

スポンサーリンク

【宣言】全色揃えます。

hurley_cap01テロテロで光沢のあるあからさまなスポーツ系の生地とは違い、普通のファッションにも馴染む色味なので、普段使いとしても間違いなく被れます。

そして、被ったときのニューエラっぽい感じがまたいい。*僕が被ってる画像は後日ここに載せる予定。

カーキxグレーは、ムラサキスポーツで見つけて一目惚れしたやつなんですけど、他のカラバリも気になるものばかり。

ライトブルーは追加で買った2個目ですけど、全色コンプリートする勢いで欲っしております。

↓↓現時点でAmazonで買えるカラバリをまとめてみました。

 

 

 

 

 

ちなみに、僕が買ったムラサキスポーツでは、ディスプレイされてるものだけで、すでに在庫がない状態でした。

Amazonだと色が揃ってるので、好みのやつを買いやすいかもしんない。

サンバイザーが流行ったように、ティンバーのイエローブーツが流行ったように、ノースフェイスのバックパックが流行ったように、このキャップも流行る自信しかない。

スナップバックなので、女子でも全然いけるしね。プレゼントにもいいんじゃないかと。

僕はダンスの練習だけじゃなく、有酸素運動のときや、海やプールで遊ぶ時、などなど普段使いのキャップとしてレギュラーで使う予定です。

ということで、現場からは以上です。

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件1125

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top