マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

僕が幼少期の息子にブレイクダンスをさせたくない2つの理由

breakdance00「ブレイクダンス」は、僕がダンスを始めた入り口のジャンルで、非常に思い入れがある一方、

デメリットも体感しており、自分の息子にはあんまりさせたくありません。

生後2~3ヶ月の頃からダンス教室に同行してるせいか、同伴現在1歳9ヶ月の長男はダンスが大好きなようで、

おそらくこのまま育っていくと、彼は「ブレイクダンス」の存在に出会うのも早いし、興味を持つのも早いだろうと予想しています。

でも、ブレイクダンスだけは【子供が興味をもったことは、何でもやらせてあげたい】という我が家の基本方針の例外として考えております。

もし本格的にやるなら、高校生以降で解禁するのがベストかなーというのが個人的な意見。

基本的にやらせたくない、やりたいなら高校生以降、と考えてる2つの理由を紹介します。

スポンサーリンク

①ケガのリスク

ブレイクダンスは、他のジャンルと比べてケガのリスクが大幅に上がります(マツケン調べ)。

すりキズ、打撲は日常茶飯事ですけど、ワザの練習をしているときは事故レベルの大怪我をするリスクがあります。

【身近におきた事例】
当時いっしょに練習していた先輩の弟(中学生)が、家でワンハンドラビット(片手で逆立ち)の練習をしていたとき、1トライ目で鎖骨の骨を骨折して、ギプスで体を固定されガンダムみたいになった。

全体重が片手に集中し、重さに耐えきれずバランスを崩し転倒→鎖骨骨折→ガンダム(上半身ギプス)

という流れです。

自分の経験と、チャレンジするワザの難易度のバランスにもよりますが、ふとした瞬間に事故レベルのケガをすることもあります。

「子供は体が柔らかいからケガしにくい」という意見もあり、それはなるほどと思えるわけですが、

他のジャンルでは、ほぼ起こり得ないようなケガをするのがブレイキン。負荷が違う。

 

そして、ブレイクダンスを全くしなくなった後にも影響が出ます。

ブレイクダンスの練習をしなくなって12年以上経っている僕の場合ですが、軸手の左手首がグラグラして力が入りにくいです。

重いものを持ち上げるのがしんどいし、力を入れ続けるのもしんどいです。

たぶん完治しないだろうし、この基本スペックのまま余生を送ることになりそうです。

テレテレやってた僕がこのレベルなので、ブレイクダンスやめた現在30代のガチンコでやってた人は、首とか腰とか膝とか爆弾抱えてる人多そうな気がします。

バリバリ現役でやってるときは気づかないかもしれないけど、やめたらジワジワ出てくるんでしょうね。

スポンサーリンク

②身長の問題

「ブレイクダンス=低身長」

Yahoo知恵袋なんかでもこのキーワードでの検索が多く、わりと気にしてる人はいるみたいです。

僕はこれ、結構影響してるなーと考えていて

チャレンジするワザ、練習の質など色々な要素はあるけど、ブレイクダンスに取り組む時間が長いほど、筋肉に高い負荷がかかるのは間違いないと思ってます。

ダンスの練習をしているだけなのに、1、2年もやってるとゴリゴリになりますからね。

アスリート並にビルドアップされるんですよ。細身に見える人でも、みっしり筋肉が詰まってます。

成長する前に筋肉がつきすぎると身長が伸びにくい、という定番の理論がありますが、ブレイクダンスはがっちり当てはまってる気がするんですよね。

体操選手も背が低い、というイメージと同じ。

なので、本格的に取り組むのであれば、骨格が出来上がる第二次成長期以降がいいのかなと。

「身長と筋肉量の関係」は、一切関係ないとする説もあります。

食事や睡眠も大事な要素だけど、「筋肉」も同じくらい大事というのが僕の考え。

スポンサーリンク

ブレイクダンスをしなくなった後の人生の方が長い

ブレイクダンスは、色んなダンスのジャンルの中でも、一二を争う”中毒性”があります。

  • ステージ映えするし
  • 迫力があるし
  • 圧倒的だし
  • できることが増えるごとに楽しく感じるし
  • 見ている人も分かりやすく楽しませられるし

その反面、練習する段階でケガ(大ケガ)のリスクも増えます。

また、取り組む時期が早すぎると、筋肉の過積載で身長が伸びない(諸説あり)ことも考えられます。

 

ということで、高校大学の期間ブレイクダンス実際に取り組んで、やめて12年経った人の”イチ意見”として書いてみました。

「小さい我が子がブレイクダンスできたらカッコイイなー」
↓↓↓↓
『習わせよう』

というのは、ちょっと安易なのかな、と。

リスク(デメリット)もあるよ、というのは親として理解しとくべきだなーと思います。

ブレイクダンスをしなくなった後の人生の方が長いはずなので、僕はそのへんも考えておくべきだと。

ストリートダンスと一口に言っても、ジャンルはいっぱいあるし、それぞれに楽しさがありますからね。

ま、でもこういう動画を見てしまうと、やりたくなって然るべき(笑)。

いい指導者・練習できる環境・努力の賜物が積み重なってこそのパフォーマンスですが、ほんと彼らが大人になったときって一体どうなるんでしょうね。

僕がやってたときは【エアー連発で抜けたら神】みたいな時代だったので、もうレベル高すぎてただただニヤけるしかありません。

※こういう類の記事を書くと「オレの周りには身長高いブレイカーいっぱいおるし!筋肉は関係ない!」のようなコメントやメールを頂く場合がありますが、「僕の場合はこうだよ」という話なので、あなたの周りの話は知らんがな、ということでよろしくお願いします。
あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件2053

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top