マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

32歳男子がライザップスタイル実践2ヶ月で4kg以上痩せたときの間食ルール

rizapstyle03毎年掲げては達成できない『夏までにシュッとした体になりたい』という目標。

今年こそは達成するぞ!ということで、4月末から毎日ライザップスタイルを実践してるんですが、2ヶ月間(60日間)で-4.2kgの減量に成功しました。

しかし、目標の数値に到達しなかったので、現在進行系で減量に取り組んでるんですが、この減量期間中に大事にしてる“間食ルール”についてまとめておきます。

減量活動を継続する上で、たぶんかなり大事です。

スポンサーリンク

間食ルール①食べてもよし!ただし食べれるのは半分

塩っ辛いスナック菓子、ぼく大好きなんですよね。

減量する前は、一度に2袋食べるのが当たり前で、なんなら3袋目いっちゃうかくらいの勢いで食べるジャンキーだったんですけど、

4kg痩せた現在はというと、食べてもいいけど【その日に食べれるのは半分】というルールを守っています。

2袋連続で食べてた頃と比べると、量的には完全に物足りないわけですが、4kg減った今これが楽勝で守れてるんですよねー。

半分をざざーっと皿に出して、半分は保存。

量が限られてるので、バコバコ連続で口に入れず、一口一口を味わって食べるようになったんですが、これである程度満足できるようになりました。

「スナック菓子食べてー!」という願望(ストレス)を押さえ込むのには、半量で十分。

スポンサーリンク

間食ルール②次の日は食べない(なるべく)

二つ目のルールは、【そのお菓子を次の日も連続して食べない】ということ。

上のスナック菓子を例に出すと、

月曜に食べたものを火曜日に続けて食べない、ということ。

「連続して食べてよし」とすると、あっという間にそのペースが習慣化され、確実に足を引っ張る原因になるので、それをキャンセルするためです。

どうしても食べたすぎて頭がおかしくなるときは食べますが、もし食べる場合は、食事で調節します。

スポンサーリンク

精神力・根性に頼らない仕組み作りが大切

「我慢」することは、精神力・根性を消費すると思うんですよ。

精神力・根性の量ってのは、日によって体調によって限りがあるし、間食(食べたいもの)を完全に我慢することで消費するには勿体ないです。もっと有益なことに使うべき。

そこで、大事なのが【仕組み化すること】

僕の場合だと「食べてもいいけど半分」「連続して食べない」という自分的にハードルが低いと感じる程度のものです。

「全部食べてもいいけど30分走る」
「1時間縄跳びしたら食べてよし」
のように、思いつくままルールは設定できます。

絶妙にハードルが低いこと、が守りやすいです。

僕のルールだと、減量の進捗に影響を最小限に留めつつ、食べたいものは(半分だけど)食べれる、というのが気に入ってます。

基本は食べないようにするんですが、週に何回かフッと湧き上がる「間食欲」には、このルールを適用。

ダイエットって、目標体重まで減らすことも大事なんですが、結局、戻った体型をいかに維持していくかがキモなので、今作ってる間食ルールは減量を終えたあともずっと続ける予定です。

ダイエット活動中に、過度な間食や暴飲暴食をすることは、サイドブレーキを引いたまんま、アクセル全開の状態になります。

前に進まないし、すごい摩擦が生まれる。

「アイス食べたい」
「ジュース飲みたい」
「酒が飲みたい」
「スナック菓子食べたい」
「スイーツ食べたい」

ダイエット活動は、この間食欲との戦いでもあります。

しかし「食べてもいい」という仕組みを自分なりに作ることで、だいぶ楽に戦うことができます。

精神力がいらないし、根性もいらない。無駄に消耗しないので、ストレスもない。爆発しないし、反動もないです。

減量中、色々我慢することが多くて悩んでる人やイライラしてる人は、自分なりの自分にあった仕組みを作ってみることをオススメしまーす。

>>ライザップスタイルプログラムを見てみる<<

ライザップスタイル2ヶ月レビュー

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件736

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top