マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

【2分】楽天マガジンの解約手順を画像付きでまとめました。

raktuenmagazine00「200誌以上月額¥380(税抜)で雑誌読み放題」のサービスでお馴染みの、楽天マガジン。

非常に便利なサービスだとは思ってますが、この度解約することにしました。

理由は、全く利用してないから。

楽天スーパーポイントを支払いに充てられるので、とりあえず契約してたんですが、結局一回も利用した記憶がなく、ただのもったいない案件。ふと気づいて、バタバタ解約しました。

過去、無料期間中に解約し忘れたU-NEXTの動画サービスで、トータル¥10000くドブに捨てた経験があるんですが

マジでこういうのはしっかり管理しておきたいですね。「解約しなきゃなー」つって、後回しにしてる人意外と多そうですが、すぐに終わるので、パパっと済ませましょう。

ということで、楽天マガジンを解約する流れを画像つきで紹介します。

スポンサーリンク

楽天マガジンの解約は、WEBページから

raktuenmagazine01アプリ内のメニューから解約手続きができそうなイメージですが、そんな項目は見当たりません。

raktuenmagazine02「よくある質問」を参照したところ、【解約はWEBサイトから】という仕様になっております。一旦、WEBで検索してたどり着かせる手間よ。

※楽天マガジンWEBサイト→■■■

【楽天マガジン解約の流れ】
1 楽天マガジンWEBサイトへ
2 メニュー>「ご契約内容の確認・変更」
3 解約ページ>「解約を完了する」

全体の流れはこんな感じですが、解約ページに入ると、敵はめっちゃ引き止めてきます。

raktuenmagazine03画面右上のメニュータブから「御契約内容の確認・変更」へ

 

raktuenmagazine04下にスクロールすると、「ご解約」の項目が出てくるので、解約ページへのリンクへ

 

raktuenmagazine05こちらが引き止めページ。 毎月開催してるみたい。

ポイントをプレゼントしてくれるらしいんですが、これをかいくぐって「解約処理に進む」ボタンへ。

 

raktuenmagazine06「こんな雑誌も配信してますけど、読みましたか?」的な引き止めが入りますので、サーッと下にスクロールして「解約を完了する」ボタンをドーン。

これで解約手続き完了です。

スポンサーリンク

解約したあとも、まだしばらく読める

raktuenmagazine07解約した分際ですが、いいなーと思ったところは、解約手続きを完了した後も、期間満了まではサービスを利用できること。

いつ契約したか、いつ解約手続きを完了させたかにもよりますが、僕の場合はまだしばらくサービスを利用できます。

日割り計算で料金が返ってくるのが一番いいけど、解約完了した瞬間「はい、もうあなた読ませませーん」ってならないのは、良きところなのかなーと思いました。

ま、解約したのが契約期間の最終日だったらそれはないけど(当たり前)。

2018年も後半になり、不用品を整理したりする時期になりますが、このタイミングで利用してない月額課金サービスを見直してみてはいかがでしょうか。

月額¥400程度のサービスでも、12ヶ月になるとそこそこ大きな金額になりますからね。何回か高めのランチに行った方が有意義。

後半の引き止め具合がしつこいのは、どのサービスでも同じなんでしょうけど、”せこいなー”という印象しか残りませんよね、アレ。一発でサクッとキメたいのに。

楽天モバイルでもそうでしたが、楽天は解約するときにひとクセあります。

ま、やること自体は全然難しくないので、サクッと終わりますので、ぜひお試しを。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top