マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

焼くだけ簡単!コストコのシーフードアヒージョを食べてみた#デリ

cos_ahijo00いかにも美味そうなビジュアルで、前々から気になてたコストコデリ商品のシーフードアヒージョ。

ちょうど今週のクーポンになってたので購入しました。

未知の商品を買う時の¥200OFFは、ホントありがたーい。

スポンサーリンク

商品情報<購入時点>

cos_ahijo01商品番号▶96366
価格▶¥1280(クーポン¥200OFFで購入)
内容量▶700g

たくさんの魚介類とマッシュルームなどのきのこ類がドッサリ入った、このアヒージョ。見た目が美味そうくないですか?

〜アヒージョとは〜
ガーリックやローズマリーなどのハーブを効かせたオリーブオイルで、魚介やきのこを煮込んだスペインのお料理。

加熱調理が必要なタイプのデリ商品ですが、”ほぼ焼くだけ”で完成。

スーパ簡単なので、キッチンで作業できるときのパーティーには向いてるかなーと思います。

cos_ahijo02タコ・エビ・イカ・ムール貝・ホタテ、マッシュルーム・玉ねぎ・しめじ・パプリカたちが、アンチョビオイルソースに絡まっている状態。

cos_ahijo03特にタコとマッシュルームのゴロゴロ感が圧倒的で、期待が高まります。

調理の様子

僕はエビが食べれないので、エビを除外して調理を進行させて頂きます。

cos_ahijo04購入してから1日冷蔵庫で保管していたため、オリーブオイルがこんな感じで固まってしまいましたが、こっちの方が使う分だけ取り出しやすいです。

cos_ahijo05フライパンにオリーブオイルとニンニク、ローズマリーを投入し、ガーリックオイルを作ります。

にんにくの表面に焼き目をつけ、ローズマリーは香りが出たなと思った時点で取り出します。ローズマリーは一気に焦げてくるので、弱めの中火で。

cos_ahijo06オイルのスタンバイができたら、具材を投入。エビの代わりに、ボイルほたてを2発追加しました。うまそ。

パッケージの調理方法のところに「10分ほど加熱」と記載されてたので、火加減を弱めにして蓋をして10分待機。もう火が通るのを待つだけ。

途中フライパンを振って、全体を馴染ませたくらいで、あっという間に完成しました。

スポンサーリンク

強めのニンニク&塩味

cos_ahijo08大きめにカットされてたタコは、火が入ってある程度縮んでるのにも関わらず、ゴロゴロとしています。

火を通しすぎると固くなりがちですが、柔らかかった。

cos_ahijo09追加で投入したホタテも抜群でした。

アンチョビソース+魚介から出てきたスープが濃厚で、結構しょっぱくなります。

これ単体でつまむのもいいけど、焼いたバケットにつけて食べたり、パスタに絡めたりして食べる方が塩気が中和されて食べやすそう。

鷹の爪を入れて、辛さをプラスした方が、個人的には好きですね。

スポンサーリンク

期待してた程・・・という感じ。

cos_ahijo07パッケージに記載してある通りの調理時間でしたが、タコの赤い色素がオイルに溶け出して、全体的に赤っぽくなってしまいました。こうなると見た目があんまり良くないです。

  • タコの割合が多かったのか
  • オリーブオイルが少なかったのか
  • 加熱時間が長すぎたのか

色々と改善ポイントがありそうです。

魚介類は火を入れすぎると縮んでカチカチになるので、加熱時間を短くするか、一気に炒めず順番をズラす方がいいかも。サイズがバラバラなので。エビは結構縮みそうです。

味に関しては、塩気が強く残っていたのが気になりました。

「魚介の出汁」といえば聞こえはいいけど、本来魚介達の中に残っておくべき旨み水分ですからね。

スープが濁り過ぎてるということは、それだけ火を入れすぎて、具材の水分が出てる証拠なので、上手に完成させるのはわりと難しいのかもしれません。

とにかく、10分も加熱する必要なし!
パッケージの作り方は参考になりません。火加減とか、情報がたりなすぎなので気をつけてください。

このパッケージをベースに、きのこやパプリカなどの野菜類を増やしたり、好みの魚介を増やしてカスタマイズするといいかもしれません。

後入れしたホタテが美味かったので、次は牡蠣とか入れて作ってみようと思います。

今月の買い物リスト

このカテゴリのまとめ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件3943

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top