マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

【VLOG#001】3年ぶり2回目の出産に立会ってきました。

vlog001_017月中旬、マイ次男が誕生しました。イエーー!

そして、この超記念すべき日を、記念すべきVLOG1発目のネタとして動画化してみました。

先日書いた記事「【VLOG】33歳、Youtubeはじめました。」の中でも、この動画のエピソードにちょろりと触れておりますが、ブログの方でも内容を整理して書き残しておこうと思います。

トークが下手すぎて下手すぎて、動画の中では情報不足なところがありますので、そこを補うためにもね。

vlog001_03ちなみに、この記事を書いてる時点で現在生後1ヶ月が経ちました。

退院する前「黄疸の数値が高い」とのことで、少し心配してたんですけど、以後大きな問題なく、日毎に大きく成長してくれてます。1700gほど増量したんですが、抱っこの負荷により左手首が死んでます。

スポンサーリンク

まずは動画を御覧ください

予定日をちょうど1週間過ぎたこの日の早朝6頃、嫁から「陣痛が始まったっぽい」という発表がありました。

3年前の長男の出産の経験が軸になるので、「んまー夕方くらいにサクッと生まれてくるんかなー」みたい予想してたんですけども、まーーったく違うパターン。

陣痛のペースが緩やかで、強く・早まる様子もなく時間が過ぎていきました。

よりによってこの日は、一週間で一番スケジュールが詰まってる日で、内心「あーやっべー」って思ってました。

午後からピアノ教室の手伝い→レッスン2本という流れで、どんだけ早く終わっても19時までは動けず

かつこの時期のレッスンは、イベント出演前の仕上げの大事な時期ということもあり、なるべく休みにはしたくないけどー、最悪休みにしなければなー(生徒さんたちに迷惑かかるけど)、とか、心配事が常にグルグル頭を回ってて

全てが陣痛の進捗次第という一日でした。

結局、スケジュールに穴を空けずに全てを終えることができ、一旦家に帰って食事して風呂に入れるほど時間の余裕がありました。

レッスン後、病院に直行するイメージしかなかったんですけど、まさかこんな完璧な状態で出産に立ち会えるとは。

バタつくことなく病室に到着して、立ち会いスタート。

ただ寝不足すぎる上に、レッスン後ということで、常時眠気との戦いでした。

スポンサーリンク

出産に立ち会う旦那さんにやってほしいこと

僕が病院に到着しても、陣痛は緩やかなペースが続きました。

陣痛中でもスマホいじれるレベルだったので、「旦那さんが立ち会う場合どんなことをしてほしい?」と聞いてみたんですが

嫁いわく、特に何をしてほしいでもなく、「大丈夫だよー」という安心感を与える雰囲気作りをしてほしい、とのこと。

これは、あくまで我が家の場合ですけど、

もしも出産に立ち会う予定の旦那さんにおかれましては、「どんなスタンスでいれば正解なのか」一度嫁さんに聞いておくことをオススメします。

変に気をきかせて、先回りしなくてもOKだと思います。←そうじゃない、と思われないことが大事。

「水分補給」など、リクエストされたことに即座に対応できればGOOD。

結局、陣痛の痛み最強モード始まったのが、生まれる1時間前。

この1時間は、とても長く感じました。

あれだけ余裕かましてた嫁が、痛すぎて最後の方は「こわいコワイ」と言い出したのがとても印象に残ってます。

それでも気合で乗り切り、母の勇気を目の当たりにしました。

vlog001_06で、次男が誕生したのは、日付をまたいで数分後のこと。

長い一日でした。

スポンサーリンク

1本目にしてはいい数字出てる

vlog001_02この動画を出して2週間が経ちました。

再生回数はなんと5000回以上、再生時間もこの動画だけで9000分を超えております。

GOODの数も日毎に増えてるし、チャンネル登録者数も10人以上増えました。

ポジティブなコメントも頂けて、嬉しいしかないです、ホント。次作る動画のモチベーションになりますよね。

視聴者の方とのコミュニケーションの面白さって、こういうことなんだなーと。ほんとありがたいです。

vlog001_04この動画を作って思ったのが「カメラを回し続けた甲斐があったな」ってこと。

あのとき、めんどくささが勝ってたら、記憶の中にしか残らなかった一日ですが、こうして動画として形にしたことで、とても価値あるものになったと思います。

これから先、育児の壁にぶち当たることが多々あるかと思いますが、この動画を見返せば一発で初心に帰れる自信があります。

【成長した次男がこれ見たとき何を感じるか】という最強すぎる楽しみもできたし。その感想が、ネガティブなものかもしれんけど、それも含めて楽しみです。

数字に関して、1本目の投稿にしてはできすぎだと思ってますが、継続して動画を出せれば目標には近づいていけそうな気がしました。

ただ、びっくりしてることがありまして、同世代の人向けに作ったつもりが、見てくれてるのがほぼ女性ということ。視聴者の男女比が1:9で、完全に想定外。

「出産」というキーワードで引っかかってくるらしく、20代前半の年齢層が一番多かったです。

こういうことを何にも考えてなかったんですが、こういうのが分かってれば、前半にバリカンシーンとか入れるんじゃなかった 笑

場面切り替えに使ったとはいえ、あの画は意味わからんっすよねマジで。

とはいえ、動画作るの楽しい!

ブログよりやることが多いし、作業も地味で大変ですが、「公開ボタン」を押すあの瞬間は格別。僕には動画作りが合ってるかもしれません。

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top