マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

【減量】ライザップスタイル開始3週間後の体重変化と実践して気づいたこと

rizapstyle00ライザップスタイルを実践して3週間が経過しました。

残すところ1/4でございます。ということで進捗情報や気づいたことをまとめておきます。

※前回のまとめ記事もどうぞ↓↓↓

>>ライザップスタイルプログラムを見てみる<<

3週目の内容

3週目のトレーニングは、シェイプアップ編→スタイルアップ編に。

スタイルアップ編は、ライザップスタイルに収録されてるトレーニングの中でも、一番強度が強い筋トレなんですが、シェイプアップ編に比べ1種目の回数が15回→10回に減ってるので、実施時間は少し短くなり、あんまり時間をかけたくない人は嬉しいかも。

・1種目の回数が10回
・種目間のインターバルは60秒
・種目数が6~7個
・動き遅め、反動をつけないフォーム&呼吸が重要

糖質に関しては2週目とほぼ同じ。主食(米類)を食べるときは昼のみで夜はNG。

筋トレの強度が上がるため、カウンセラーのアドバイス通り、“タンパク質100g/日以上”を目標に、ガッツリ食べるように心がけました。

3週間目の体重推移

【体重】
68.0kg→67.5kg

【体脂肪率】
17.0%→15.7%

スタイルアップ編の筋トレは、回数こそ減ってるものの、内容はハード。

一定のスピードを保ったまま、呼吸とフォームをキープするメニューなので、インターバル60秒でも足りないくらいシンドくなります。

特にセッション2の、ケツのメニューがあるんですが、これ全メニューを通してキツイです。

ハードな分、達成感もあります。

朝7時台にこの筋トレが終了したときは、その日一日すごい充実した気持ちですごせる、ってのを発見したので、この日以降早めにトレーニングを開始するようになりました。

鶏肉飽きてきた→牛肉を毎日食べた

2週目までの食事は、鶏肉・ウインナーをメインにタンパク質を取ってたんですが、さすがに飽きてきたので、牛肉メインで過ごすことに。

朝メシはプロテインで固定してるので、昼or夜にステーキ(200g以上)を毎日食べるぞ、ということで

rizapstyle3コストコで売ってるミスジのステーキを主食としました。

牛肉にしてはコスパいいです。赤身とは思えない柔らかさ。減量中の人は特にオススメ。

焼肉のタレは糖質の塊と言っても過言ではないので、つけすぎには注意が必要です。

“鶏胸肉”や”ささみ”が一番効率よくタンパク質を摂取できるんでしょうけど、“鶏肉はもも肉”派の僕としては、この縛りで30日間過ごせる自信が全くありません。

>>ライザップスタイルプログラムを見てみる<<

数値の変化はないものの・・・

2週目は1週目ほど数字が落ちなかったし、3週目の最終日までほぼ同じ体重だったのは正直地獄ですけども、淡々と過ごしました。

メイン食材のマンネリ化+停滞期のコンボ。

これが同時にやってくると、減量するモチベーションは間違いなく下がります。

僕が続けられたのは「今週は牛肉をガツガツ食べてよし!」など、ちょっと贅沢な変化を加えてみたり、

「停滞期?シカトシカトー!」みたいな、軽いノリ&客観視してやってたのが良かったみたい。

目先の数値に固執せず、「今を楽しむ」というスタンスが、ほんと大事だなーと思いました。

数字上の変化はそれほどないけど、他の人が見ても分かるくらい見た目が変わってきてるので、それをモチベーションに最後の4週目を走り抜けますぜ。

※申込方法はコチラの記事で詳しく↓↓↓

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件638

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top