マツケンBLOG

ガジェット関連記事はこちら

コンパクトで明るい!屋内の写真撮影がはかどるLEDライト#Yongnuo600_LEDビデオライト

led13最近レビューの記事を書くことが多くなり、家の中で写真撮影する機会も格段に増えました。

屋内の撮影で気になるのが “光の量”

最近のiPhoneはカメラの性能が非常にいいんですが、さすがに限界がありますもんね。

実際の眼で見た感じの明るさで撮りたいので、今回LED照明を導入することにしました。

スポンサーリンク

 

部屋にはLEDシーリングライトのみ、という環境で、普段生活する文には不自由しないのですが、スマホで明るい写真を撮ろうとすると物足りません。

照明器具はピンきりで、お金をかけようと思えば天井はないんじゃなかろうか。

【カズさんの動画】

 

【瀬戸さんの動画】

ということで、こういう時はYoutuberの動画がいちばんです。機材のレビュー系の動画ってホント分かりやすくて助かりますよね。

 

①値段1万円台
②コンパクト
③強いやつ

この3つの条件で探してたらコレがバッチリはまったので、今回Yongnuo600 LEDビデオライトを購入することに。

Yongnuo600 LEDビデオライト(AC電源アダプター付き)

led00メーカー名からもお分かり頂けると思いますが、中国産です。

led03パカッ。開けてみると、思ったより丁寧に梱包されていて戸惑いました。

led02取説は中国語。大学生1年の時に中国語を履修してたんですが、1ミリも脳に残ってないので分かりませんでした。ここで絶望する人も多いかと思いますが、裏面に英語バージョンがあるので安心してください。

led04本体はマットな黒のボディ。薄いです。

led05パカッ。我慢できずに開いてみると、こんな感じでギラギラしています。この時点でまぶしい。

led08箱の底に付属品がごちゃっとしてました。こういうとこだぞ。

led07付属品など、全部並べてみるとこんな感じです。本体、取説、リモコン、パネル2枚・手で持つやつ、アダプタ、何かの紙。

ACアダプタは別の箱に入ってます。

led09付属の棒をつけると、手持ちスタイルで使えます。三脚に挿して使うので、多分一生使わんなコレ。

led10◯で囲った部分は、ダイヤル式になっていて光の量を細かく調整することができます。この部分を押すとスイッチが入るんですが、説明書にはPUSH系のフレーズがなく困惑しました。

点灯するとこんな感じ

led12三脚にセットした図がこちら。

完全な暗黒状態にした部屋は・・・

 

 

 

led13ビカーーーー!!!

 

思ったより明るかったので嬉しくなりました。

led15本体右側面にスリットが入ってて、付属のパネルを差し込むことで、ちょっとしたアレンジができます。オレンジのパネルは昼光色に、くもったパネルは光が柔らかくなります。

スポンサーリンク

 

暗いキッチンでの使用感

食材や料理の写真を撮ることが多いのですが、キッチンにはシーリングライトをつけてないので、基本暗め。

led17普段はIHコンロ部分のライトのみなので、こんな感じ。

換気扇とこに付いてるデフォルトのライトが白すぎて、ここで写真撮ると変な色になるし、角度を調整してたら影になるし、めっちゃストレスが溜まってました。

このLEDライトでビカーっと明るくしてみると、

led18こんな感じ。明るいーーー!!!

黒く潰れてた部分が明るくなってるの分かりますかね?

led16天井と壁が白なので、光を拡散して、ぽわーっと自然な感じで明るくなります。冷蔵庫の上が定位置になりそう。

いいところ

  • 明るい
  • 折りたたむとペタンコになる
  • 別売りのバッテリーでワイヤレス駆動
  • リモコンの反応が早い

画像ではお伝えしにくいのですが、めっちゃ明るくて満足です。

最大出力にするとビカーっと明るくなるので、夜のBBQなんかでも活躍してくれますね。互換性のあるバッテリーで駆動するのは優秀だと思います。

イマイチなところ

  • 冷却ファンの音がデカイ
  • パネルにがっつりキズが付いてた
  • 取説がわかりづらい

最大出力で照らして10分もしないうちにファンが起動し「シュウィィィーーンッ」という音が鳴り響きます。

写真撮影には影響ないですが、動画撮影だとマイクの位置を調整しないと、この音を確実に拾うレベルです。

動画撮るときは気をつけよう。

led14パネルは2枚とも「ザスッ」ってなってました。このキズによる影響は今のところ感じませんが、何か嫌ですよねこういうの。

日本語の取説入れといてほしい。

※注意※

led01今回Amazonで購入して、全く問題なかったのですが、白600球の表示なのに、白300球・黄色300球のものが届くケースがあるようで、瀬戸さんは怒って返品してました。

レビューの評価は高いのですが、★1つの低評価をつけてる人は、ほとんどこのパターンのやつ。

瀬戸さんもこのパターンで怒ってましたね。

中国経由で届く場合返品もややこしそうなので、購入する店舗のリサーチと、“白600球”が届くのがを確認することをオススメします。

 

 

▼▼▼互換性のバッテリーはこちら▼▼▼

屋内用の照明だけでなく、アウトドアグッズとしての可能性も秘めてるので、今後の活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件1909

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top