マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

【無印良品】カセットこんろミニ用ケースは外メシで活躍するので絶対買うべき

muji_case00先月手に入れた無印良品のカセットこんろミニですが、このガジェットを完全体にすべく、専用のケースを購入しました。

無印良品週間中だったので10%OFF。

ちょうど桜が満開で、花見メシをしようということになったので、外でレビューの写真を撮ってみました。

スポンサーリンク

無印良品カセットこんろミニ用ケース

muji_case01型番▶MJ-CJR
価格▶¥1790
サイズ▶296x244x100mm
重量▶835g
耐熱温度▶約80℃

無印のカセットこんろミニだけを”入れるためだけに存在している”この専用ケースですが、イワタニ製のカセットコンロ(エコジュニア※現在は廃盤?)もビタで収納できるようです。

muji_case02スライド式のロック機構が、取っ手の両サイドに付いてるだけで、特別な仕組みはゼロです。

muji_case03中はこんな感じ。別のものが入る余地なし。ガスボンベを装着したまま収納することはできません。

muji_case04本体はすっぽり収納できます。

ある程度すき間はありますが、脚(4箇所)と五徳の部分が固定されてるので、持ち運んでるときケースが揺れても中でガチャガチャ動きません。さすが専用。

五徳部分は土台にのってるだけなので、動きやすくて困ってたんですけど、ケース収納時は完全に固定されてます。

このケースに入れてさえすれば、不用意に衝撃が加わる可能性が限りなくゼロに近くなるはず。

スポンサーリンク

炊きたてご飯で花見メシしてみた

muji_case06外で食べる炊きたてのご飯って、控えめに言っても最高じゃないかなーと、前々から思ってたんですが、桜が満開というベストなタイミングで実現してきました。

※この装備での米の炊き方は、こちらの記事で詳しく紹介してます。
【キャンプ飯#03】無印のカセットこんろミニで美味しいご飯を炊く方法

muji_case07米研ぎ後、しっかり浸水させておき、現地で炊飯作業スタート。

蒸らしタイムも含めると30分ほどかかりますが、あっという間に時間は過ぎます。

muji_case08はいー、上手に炊けました。普段の練習の成果がそのまま出ました。かかかー。

ほっともっとでオカズだけ買って、白飯だけ現地炊飯した花見メシでしたが、満足度はすごい高いです。

muji_case09唐揚げをシカトして、白ご飯だけ食べる息子。

炊きたてご飯は、食べ方の順番を崩壊させるパワーがありますね。

スポンサーリンク

カセットこんろミニのユーザーは全員ケースを買うべき

muji_case05カセットこんろミニの良いところは、このサイズ感だと思います。

コンパクトであればあるほど、持ち出すときの気軽さが増すし、持ち運びのストレスは減ります。

すると、良いサイクルが生まれます。

僕の場合、「ちょっと外でご飯炊こう」という選択肢が増えました。

普通の食事メニューでも、外で食べるだけで美味しく感じるもんですが、「炊きたてホカホカのご飯」という強いコンテンツが加わったことで、これからの外メシがさらに楽しくなりそう。

普段用として使うときも、ケースに入れておけば出し入れもしやすいですからね。縦・横向きを問わず、その場所に合わせて収納できるし。

むき出しの状態で保管(放置)してると、ホコリもかぶりますからね。

なので、外で使う使わないは別としても、このカセットこんろミニを持ってる人は、全員買うべきケースだなーと思います。

むしろ、最初からケースとセットで売ってくれればいいのに。

 

イワタニ カセットフー エコジュニア CB-ECO-JR
イワタニ(Iwatani)
売り上げランキング: 21,996

 

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top