マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

【コストコ】太麺やきそば[麺屋あおき]が抜群に美味しい!コスパも優秀なので全員買うべき

cos_yakisoba00昼飯用の食材を探していて、コスパに惹かれて購入したのが、こちらの【太麺焼きそば】

普通のスーパーでもこういった袋めんタイプの焼きそばって売ってますけど、あーんまり美味しいと感じた記憶がないんですよね。

3食¥200くらいで売ってるのでコスパはいいとは思うけど、だいたい麺が弱いんですよ。

どっちかって言うと、焼きそばはU.F.O.をはじめとしたカップ麺の方が好きです。

偶然手に取ったこの焼きそばですが、食べてみてビックリした。麺のクオリティが抜群なのです。

スポンサーリンク

太麺やきそば[麺屋あおき]<購入時点>

cos_yakisoba01商品番号▶573285
価格▶¥378
内容量▶6食(200g x6P)
メーカー▶株式会社 青木食品@福島県

コストコの食品にしては小さめなんですけど、しれーっと1kgを超える重さ。

1食あたり¥63と抜群にコスパがいいです。6食入りって結構多いけど、まあ賞味期限内に食べきれる量だと思います。

cos_yakisoba02パッケージの裏面には、作り方がイラスト付きで解説されてるので、焼きそば初心者にも優しい設計になっております。

また、端っこに小さい文字で【冷凍保存はNG】という旨の記載があったので、頑張って期限内に完食を目指しましょう。

cos_yakisoba03中身はこんな感じ。ソース粉末タイプです。

cos_yakisoba04麺を手に取って確信したんですけど、これは強い麺だ。みっちり感が袋越しに伝わってきます。

スポンサーリンク

みっちり感のある太麺が美味い!ソースは濃いめ

cos_yakisoba05麺を投入して無理やりガシャガシャ箸でほぐそうとすると、ブツブツ切れてしまうので注意。

麺いれる→水入れる→蓋をして放置

「水を入れた後はしばらく何もしない」というのが、失敗しないポイントです。まーこの焼きそばにかぎらんけど。

cos_yakisoba07放置してる間に麺に水分が回るので、チョチョチョーっと混ぜるだけで、勝手にほぐれていきます。

麺と具材が馴染んだら、粉末ソースをぱららら〜っとして混ぜておしまい。火をつけて5分くらいで完成しました。

cos_yakisoba08かつお節・ネギ・マヨネーズ・青のり・煮玉子など、家にあったものをテキトーにトッピングしてみました。

cos_yakisoba09はい、うまし!

 

この麺がマジでうまい!もちもち食感で太さもちょうどよく、食べごたえがあります。

家にあったもやしとニンジンとかまぼこを適当に切って、適当にトッピングをしただけなんですが、この焼きそばそのもののポテンシャルが高いので、失敗するのが逆に難しいと思います。

お祭りで売ってる屋台の焼きそばよりも、こっちのが断然美味いです。

今回は一度に2人前作ったんですけど、家族からは「麺は美味しいけどソースが濃い」との指摘がありまして、翌日ソース控えめバージョンを作ったのがこちら。

cos_yakisoba12ソースの粉末は13g入りなんですけど、約2/3(9g)で作ってみたところ、ちょうどよく感じました。

cos_yakisoba11最初は液体ソースの方がいいなーって思ってたんですけど、粉末の方が使う量の調節をしやすいし、保管もしやすいので、粉末でよかったなーと思います。

合わせる野菜の量が少なければ、一気に全部ぶち込まずに、粉末ソースの量を少なめにして味をみながら調節することをオススメします。

スポンサーリンク

麺がよすぎなので、リピート確定。

cos_yakisoba10コストコで¥500以下の商品って、なかなか見つけるのは難しいですけど、価格の面だけじゃなく、美味しさの面でもこの太麺やきそばは超絶オススメです。

安心の国内メーカーで、このボリュームで、この価格。素晴らしいかよ。

¥500を切るコストコ商品で代表的なのは「ディナーロール」ですけど、今後この焼きそばも名を連ねてもおかしくないレベル(←どんだけ気に入ってる)。

粉末ソースは使わず、塩ダレを使った塩やきそばとかも美味しそうなので、試してみたいと思います。

やーこれは冷凍生餃子とかパイナップル並にリピート確定の食材だわ。

ということで、コストコのお買い得&美味しい食材を探してる方は、ぜひお試しを!

今月コストコで買ったものリスト【随時更新】

【まとめ】コストコのおすすめ商品&失敗したモノ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top