マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

コストコのファイブスパイスビーフジャーキー[MARIANI]はピリ辛でクセになる

cos_5spicejerky00コストコのビーフジャーキー第三弾、ということで購入したのがマリアーニ(MARIANI)の【ファイブスパイスビーフジャーキー】。

こちらもちょうどクーポンになってたので、先日紹介したソフトタイプのビーフジャーキーとの比較もしたいと思います。

果たして、どっちが美味いのでしょうか。

スポンサーリンク

商品情報<購入時点>

cos_5spicejerky01商品番号▶587570
価格▶¥1198 → ¥980(¥240)
内容量▶255g
原産国▶オーストラリア

マリアーニのビーフジャーキーって、色んな味が発売されてて、【ソフト】の他に【ホット&スパイシー】・【オージーBBQ】【テリヤキ】【プルコギ】があるんですが、

この【ファイブスパイス】は公式サイトにも載ってないので、出たばかりの新商品かもしれません。

cos_5spicejerky02裏面の表示も、ソフトタイプとほぼ同じです。

cos_5spicejerky07「FIVE SPICE」=五香粉(ごこうふん)という、中華ではポピュラーな混合調味料のこと。

パッケージ表に載ってるのがそれで、桂皮・丁香・花椒・小茴・大茴・陳皮などが一般的ですが、5個以上のスパイスが使われることもあるそうです。

裏面の成分表示のところには、その記載がないので、香辛料の特定まではできないんですけど、どうやら八角も入ってるっぽいですね。苦手なんだよなー八角のあの風味。

スポンサーリンク

あれ・・・美味い。スパイシー!!

cos_5spicejerky03中のビーフジャーキーは、パッケージからそのまま。

普段の料理でも五香粉を使うことがないので、ピンとこないんですけど、台湾料理のニオイがします。

cos_5spicejerky04表面にはスパイスと思しき何種類かの粉末が確認できますが、食べてみると、これが美味いこと。

最初口に入れると、醤油ベースの甘めな感じがきますが、噛んでいくにつれスパイスの辛味が顔を出してきます。

甘→辛→ピリリの3コンボで展開してくるので、炭酸系の飲み物と相性抜群。

わりと辛さは強いし後を引くタイプのやつなので、小さい子はおそらく無理。R14くらいの辛さです。

ソフトとファイブスパイスを食べ比べ

cos_5spicejerky05ファイブスパイスとソフトを食べ比べしてみましたが、大人が好きなのは圧倒的にファイブスパイスの方。

ビーフジャーキーの感じも、ほとんど同じ。ソフトの方が柔らかいかなーとも思うけど、誤差のレベルで同じ。

利きマリアーニできる人だと判別できるんでしょうけど、初見じゃ無理なほどカタチや食感は同じです。

cos_5spicejerky06よくよく観察すると、外見だけで判断できますけど(粉っぽいのが多いのがファイブスパイス)。

ソフトに欠けてるビーフジャーキーとしての【パンチ】を、ファイブスパイスは備えてます。

スポンサーリンク

ファイブスパイスが優勝

cos_5spicejerky08ファイブスパイスのビーフジャーキーは、日本っぽくない味ですけど、すぐに食べ慣れます。

【おつまみ】として買ってきて、みんなから褒められるのは絶対にファイブスパイスの方。絶対。マジ絶対。

正直、(苦手な八角が入ってるので)全然期待してなかったんですけど、予想外の美味さあっという間に食べ切ってしまいました。

以前食べたカークランドのポークジャーキーよりも好き。

クーポン期間中にリピート予定です。

マリアーニ オージービーフ ファイブスパイス ビーフジャーキー 255g
MARIANI (マリアーニ)
売り上げランキング: 33,407

今月の買い物リスト

このカテゴリのまとめ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件499

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top