マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

マイナンバー制度施行によるストリートダンサーへの影響は?

mynumber00最近ニュースでも度々出てくるようになった「マイナンバー制度」というフレーズ。

国民一人一人に12桁の番号を割り当てて、色々と管理に使いますよ〜という雰囲気の制度が日本でも始まります。

この制度が始まることによって、影響を受けるストリートダンサーはいるのでしょうか?

ということで、どんな影響が出てくるのかザックリ書き置きしてみます。

スポンサーリンク

 

僕たちの暮らしは、色々な番号に囲まれて成り立っています。

・ケータイ電話の番号に始まり
・免許証にも番号
・健康保険証にも番号
・コストコの会員も番号
・Gmailアカウントのパスワードも番号

番号は、人と情報を関連づけるのにこれ以上ないツールで、発明した昔の人には本当に頭が上がりません。便利すぎ。

 

そこに目をつけた日本の偉いオジサンたちが、「日本国民を番号で管理して効率をUPしようよ〜。年金とかも消えないし」ということで、マイナンバー法が成立したのは2年前の2013年。

個人と税金・社会保険・年金などの情報が紐付けされることになりました。将来的には銀行口座との紐付けもマストになるみたい。(←効率よく税金を吸い上げるシステm…)

 

一般企業は、社員をマイナンバーで管理するようになるということで、準備に大忙しなんだとか。

 

mynumber01つまり、これからは【雇用主人を雇う際にマイナンバーが必要になる】ということですね。 誰に幾ら支払ってるか(経費管理)というのを管理できますからね。

正社員・契約社員・パート・バイトに関わらず、これから雇用契約を結ぶ際にはマイナンバーが必須になりそうです。

この流れは、ダンススタジオのオーナーとインストラクターも同じになることが考えられます。

スタジオ所属のインストラクターはマイナンバーが必要に!?

有名無名を問わず、ダンススタジオでのインストラクター(講師)の仕事は、ストリートダンサーの収入源として、メインとなるものではないでしょうか。

スタジオオーナー(雇用主):講師(被雇用者)の関係なので。

 

確定申告をきちんと行っているスタジオであれば、「マイナンバーがいるよー」ということで、提出を求められる感じになると思います。

マイナンバーで管理されることによって、今までは分からなかった【誰にいくら収入が発生しているか】管理してる側から丸わかりの状態になります。

スポンサーリンク

 

ダンサーは青色申告が必要になる

kakuteishinkoku000インストラクターの収入で食べてるダンサーのほとんどは、いわゆる個人事業主なので、毎年個人で確定申告の手続きが必要になります。

確定申告には白色申告・青色申告の2種類がありますが、ダンスで生計を立ててる人は青色申告1択になるかと。

青色申告といっても、ダンサーとして発生した収益に対して税金を納めるだけのことです。シンプル。

2015年にダンサーとして100万円稼いだとしたら、それを申告して、それに対して課税される感じです。

 

稼いだ額が多ければ、納める税金も比例しますけど、課税されるのは収益から必要経費を差し引いた額なので、ガンガン経費を使うタイプであれば、税金は多くない場合もあります。

現在住んでる住所を管轄してる最寄りの税務署で①個人事業主届け(開業)を提出して、②年明け確定申告の手続きをするだけです。

もし分からないことがあれば、先輩のダンサーさんに尋ねてみたらいいと思います。

がっつりダンスで稼いでる人は、税理士さんをつけてるor自分で税務処理をしてるので、ダンスで食ってる歴が長ければ長いほど知識と経験がある(ハズ)。

※関連記事
【ダンサーの確定申告】計上すべき収入と経費で落とせる具体例を紹介

マイナンバー制度はいつから始まるの?準備は?

ニュースを斜め読みした程度の知識で申し訳ないですが、

事前準備として、10月からすでにマイナンバーの通知が行われ、

平成28年1月から個人番号カードが交付される、という具合です。

“マイナンバー”という制度が、日本に浸透するには時間がかかるようで、一気に色々なことを集約する感じではなく、当面は税金と雇用保険関連での運用に絞るとのこと。

税金では早速運用するみたいなので、確定申告の手続きを考えると後回しにはできそうにありません。

今年ダンス飯(ダンサーとして食ってく)デビューした人で、まだ何にもやってない人は、つじつまが合わなくなる前に、開業届を済ませておきましょう。

確定申告の処理はハードルが高そうですが、実際やってみるとそうでもありません。

「確定申告」でググれば、いろいろサービスが出てるんですけど、僕が使ってるサービスは、やよいの青色申告という定番のやつ。

やよいの青色申告オンラインはこちら>>

自分で入力する手間を差し引いても、税理士報酬に比べはるかにコスパはいいし、しかもMac対応。

平成26年分の確定申告の準備を始めたのが締め切り1週間前でしたが、このソフトのおかげで余裕で間に合いました。

まとめ

  • マイナンバー制度が始まると、レッスン収入も記録されるので確定申告必須になる(多分)
  • 確定申告はそんなにムズかしくないよ
  • 今まで納税してない人が、税務署から追求される可能性はゼロではない

インストラクターが受ける影響は、マイナンバー制度に対してどのようなスタンスなのか、所属しているスタジオ次第ですが、まー健全に運営してるところであれば、十中八九聞かれると思うので、確定申告を含めた準備を今のうちから始めておきましょう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top