マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

大学卒業後もダンスを続けるために親を100パー納得させる方法

100paどうもマツケンです。

今回は「大学卒業後もダンスを続けたい!」
そうあなたが決めたときに、100パー親を納得させる方法について。

スポンサーリンク

大学卒業後、
両親が我が子に期待するものを考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

“就職”ですね。

 

 

じゃあ「なんで就職して欲しいのか」考えてみると

 

 

企業に正社員として所属することによる、経済的な自立と長期的な安定

 

これを我が子に勝ち取って欲しい、という思いが彼ら(両親)の期待の根底にあるんだと思います。

 

あるいは、世間体のためかも知れません。

「●●さんとこのお子さん、XX証券にお勤めなんですね!すごーい!」

とご近所さんに言われたいとか。

親の視点で考えると、我が子の大学卒業後の進路に望むものは“就職”だと思います。

そもそも就職せずに
不安定で将来性の見えないダンスを続けてどうするの??

って思われがちです。

ダンサーってアーティストやバンドのように、一発当たれば大金を稼げるような仕事でもないですし、ふわふわとした感じですよね。

プロとアマチュアの区切りもないですし、安定も保障もない世界。

 

でもあなたはダンスに出会い、大学生活を捧げて来たわけで、

「もっと上手くなりたい」
「もっと続けたい」

って思ってると。

 

大学生活が終わったからといって、ダンスを終わりにしたくないですよね??

一生懸命取り組んだ人ほど、ダンスから離れるのは辛いです。

スポンサーリンク

フリーターをイライラさせる魔法の言葉”就職”

僕は大学卒業して2週間後にワーホリでシドニーに行き、帰国後はフリーターを3年程経験しました。

帰国してフリーター生活をしてたときなんですが、親と顔を合わせる度に“就職しろ”と言われてました。

この言葉を聞くたびにストレスが超たまってました。

ストレスでコメカミの横の吹き出物が1年間くらい治りませんでした。

 

なので、この時期は親の顔を見るたびにイライラしていました。と、ここまでは僕の主観の話ですが。

僕の親目線から見ると、
僕は“大学行かせたのにも関わらず就職もせずにダンスやってる”という存在だったんで

はっきり言って、親の方がイラついてたと思います。

 

帰国後も就職せずに、家にいて(当時実家住まいだった)、ダンス行って、バイト行っての繰り返し。

ダンスの活動といっても、僕の場合はオーディション受けたりとか、バックダンサーになりたいんじゃなくて、

ただチームの活動をしてるだけ。
(イベントでショー出たり、コンテスト出たり等)

親にしてみれば「何やってんだお前!!」と、イラつかれても仕方がないことをやってました。

大学卒業して定職に就いてないフリーターダンサーの9割以上が、たぶんこんな感じになると思います。

 

それは親が我が子に求めてる・期待している姿と現実の姿にギャップがあるから。

 

※ ギャップ=“大卒なのに就職してない”

 

経済的な自立・長期的な安定というものが“就職”によって手に入ります。

フリーターという身分が、ギャップの原因になっています。

でも、このギャップを埋めてしまえば、何か変わりそうな気がしませんか??

経済的に自立して、長期的な安定を親に示す事ができれば、就職しなくても納得してもらえるんじゃないか

僕はそう結論づけることができたので即行動しました。

 

「ネットで収入源を確保して、独立する」とどうなるか。

もうフリーターではないわけですよ。

大学卒業したあともフリーターとして“時給”で働いていると、なーんか見下されます。

 

世間的にも。
社会的にも。

しかし、自分でビジネスを立ち上げて、利益を上げて行けるようになれば、その評価を180度変えることが可能です。

 

僕の場合、ネットビジネスに本格的に参入をするために、正社員を辞めてフリーターになったんですが、利益が出せてない頃は、親にやかましく言われてました。

「次の就職はせんのか?」と。

でも、利益が出るにつれて反応が変わって行き

 

正社員時代の給料以上に稼ぐ今では、一切何も言われなくなりました。

稼げてない頃は、顔を合わせる度に“反対”されてましたが、結果を示し、自力で稼げることを証明した今では“応援”してくれるようになりました。

スポンサーリンク

大学生はネットビジネスで圧倒的有利

僕の大学生の頃は、今ほどネットビジネスは浸透しておらず、この情報に出会えなかったので、就職せざるを得なかったんですよ。

今の大学生の人は、この情報に出会えるんです。

これはスゴイ羨ましいです。

 

大学生って人生の中で一番時間に融通が利く4年間なんですよ。そこでダンスも頑張って、一方でビジネスに取り組む。

社会人がネットビジネスで稼げない一番の理由は、「時間の確保」ができないから。

時間がないからです。

 

正社員の仕事となると拘束時間が長く、なかなか時間を捻出することができないので、結果を出すことができません。

この点大学生は圧倒的に有利なんです。

もし大学1年生からビジネスを学んで、しっかり実践していくことができれば

大学卒業する頃にはバケモノレベルになりますよ。

月収100万円をコンスタントに稼ぐ大学生とか、ゴロゴロいる世界のなので。

まとめ

就職してない状態でダンスの活動を親に納得してもらい、その活動を応援してもらえる環境って

めっちゃ大事だし、幸せだと思います。

でも、そういう人って誰か知り合いでいますか?

僕の知り合いには一人もいません。

 

今現在、僕は親に納得してもらってます。

それは結果を出しているから。

結果を出せば誰も何も言わなくなります。

 

あなたが大学卒業までに、“就職”に見合った収益を自分の力で上げられるようになれれば、必ず親を納得させることができます。

“長期的な安定”を示すのは、ある程度の期間が必要になりますが

“経済的な自立”だけは先に達成しましょう。

納得してもらえる金額や期間は、人それぞれの基準がありますけど、まずは大卒の初任給のあたりをクリアできればいいと思います。

今年も就職活動が本格的に始まったようですが、

本当にそれで良いのか!?

周りが就職してるから、自分も就職しないといけないのでしょうか?

絶対にそんなことないと思います。

 

経済的な自立
長期的な安定

“就職”すること以外でも手に入れることができますので。

 

ダンスにもっと力を注いでいきたい人にとって、ネットで起業することは最善の選択です。

これ以上の選択はない!と断言できます。

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top