マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

コストコの冷凍塩ゆで茶豆がコスパ優秀で便利!流水解凍が美味しい

cos_july08¥160オフのクーポンが出てたので購入した、冷凍塩ゆで茶豆。

枝豆を買うつもりで冷凍庫のとこにいくと、枝豆の真横にこれが置いてて、しかも枝豆より安くなってました。

スポンサーリンク

商品情報<購入時点>

cos_chamame01商品番号▶560958
価格▶¥788 → ¥628
内容量▶1.5kg
原産国▶︎台湾

種まきから収穫まで記録管理された台湾原産の茶豆で、塩茹で後急速冷凍された商品。

cos_chamame02パッケージごとにロットナンバーが記載してあり、“栽培から加工までの履歴をたどることができる”という、こだわって作られてる茶豆です。

cos_chamame03食べるために加熱の必要はなく、約1時間かかる「自然解凍」、約3~4分かかる「流水解凍」、そして「電子レンジ解凍」の3つが裏面に記載されております。

cos_chamame04パッと見枝豆と変わらない見た目。ジップ式のパッケージになってるので、他の容器に詰め替えずに保管できるのは◯です。

cos_chamame05ガッと食べたい分だけ手づかみで取り出し、お好みの方法で解凍するだけ。

スポンサーリンク

枝豆とどう違う?

cos_chamame07こちらは電子レンジで解凍したもの。

味はもう見たまんま枝豆のそれと同じです。

cos_chamame09普通の枝豆と比べると、粒の大きさにばらつきがあり、薄皮の色が深い、というくらいで特別クセがあるといったこともない。茶豆の方が香ばしさがありそうな気もするけど、同時に食べ比べてみないと何とも分かりません。

塩気がちょうどいいので、手が止まらなくなります。

「あ、これ茶豆やね」と違いの分かる人はいなさそうなくらい、枝豆と茶豆の差は微妙です。

「流水解凍」が美味しい

電子レンジで解凍するのが、一番早く食べれる解凍方法なんですけど、解凍直後は触れられない程の熱気を帯びてて、皮をむくとき指先が地獄でした。

またレンジでの解凍は、皿が水分でべちゃべちゃになり、加熱しすぎると豆の水分まで抜ける可能性もあります。

そこで「流水解凍」を試したんですけど、こっちの方が美味しく感じました。

解凍しても冷たいままので触れても火傷する心配もなく、サッと手にとって食べやすいのは圧倒的にこちら。

皮の周りに付いてたものも確実に取れるので、そういったのが気になる人は、流水解凍の方がオススメです。

cos_chamame08あと、ちょっと手間ですが、両端をハサミでカットしておくと、食べやすさが3割増しになります。

スポンサーリンク

コスパGOOD&使い勝手のいい便利食材

cos_chamame062歳の息子が豆好きなこともあり、解凍するだけでパッと食べさせられるこの茶豆は、かなり便利な食材です。

皮から中身を出す、という作業も楽しんで食べてくれてるし、味も美味しいし、余計なものが入ってないので、マジで助かります。

オヤツっぽさもあるし、あと一品欲しい、ってときにも最適。

1.5kgと大容量さは、冷凍庫をかなり圧迫するけど、その分コスパはかなりいいので、なくなったらまた買い足す予定です。

これでペペロン茶豆を作ったら美味そー。

今月の買い物リスト

このカテゴリのまとめ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件1040

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top