マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

よくある質問「ダンス教室に通いたいけど男子が一人だけなので悩んでいます」の回答

worry00個人でダンス教室を運営して、もう5年ほどになりますが、男子の生徒がなかなか増えません。

地域のイベントに出演している他のダンス教室を見ても、男子の生徒は圧倒的に少ないです。

うちの教室でも、最近やっと2名入ってくれました。5年で2名て。

しかし「僕ダンスやりたい」と、単独で入会したパターンはなく、先に入会してた生徒の弟君というパターン。

「ダンス教室に通わせたいけど他に男子がいないので本人が悩んでるんです」という質問は以前から結構頂いていて、これは一発回答しときたいな、ということで個人的に思うところを書いておきます。

スポンサーリンク

男子が一人もいない心細さ

worry02女子複数人の中に、男子が一人だけポツンといるのは、さすがに抵抗があるみたいです。小学生ならともかく、中学生もなんか嫌みたいです。

そんな環境を目の当たりにすると、自分の中で「ダンスしたい」のパラメータよりも「恥ずかしい」が勝ってしまって、結局行動できないというパターンになります。

男っぽいミドルヒップホップを教えてるレッスンなのに、“男が自分一人だけ”というのが本人にとって、計り知れないプレッシャーになるようです。

 

 

分かる。分かるよーそれ。心細いし恥ずかしいしな。

でも、“心細い”とか”恥ずかしい”でやらないのはもったいなくない?

って思うんですよ。

そんな【ダンスに興味のあるけどモジモジしてる男子】が取るべき選択肢は3つあります。

好きなのを選んでみてください。

スポンサーリンク

①勇気を出して飛び込む

大小関わらず、だいたいのダンス教室では体験レッスンしてるので、実際に受けてみて継続するかどうか考えたらいいと思います。

「男子が自分一人のレッスン」を実際に1回体験してみるのがてっとり早い。体験レッスンを受けることで、失うものは何もありません。

ぜひこれ知っておいて欲しいんですが、

レッスン中って、基本的に生徒は先生と自分のことしか見てません。

周りを見てどうのこうの考えてる生徒っていないですよ。

 

実際に体験レッスンを受けてみると、
「男子が一人だけ」「何かハズい」ということで悩んでいたことが、バカバカしくなるんじゃないかなーと思います。

そういう納得ができれば、心のブロックが外れて、「男子が自分一人だけ」という環境がダンスを習うのに全く関係ないことだ、と気づくはず。

②友達を誘って一緒にスタートする

一人が心細いなら、ダンスに興味のある男子の友達を探して、誘ってみる。

男子が二人になると、ハードルも下がります。

男子がいなければ、女子でもいいんじゃないですかね、仲良いい人なら。

仲いい人、知ってる人が、同じタイミングでレッスンを受けてると、一人のときよりも安心感はあります。

③そのままモジモジして「ダンスしたいなー」男子を続ける

①②のアクションが取れない場合、この選択肢が残ります。

「ダンス習いたいなー」というモヤモヤした気持ちのまま、1年過ぎ2年過ぎ、あのときやってればなーと思うでしょう。

回答▶▶体験レッスン受けましょう。話はそれからだ。

「三代目かっこいいなー」「ダンス習ってみたいなー」という、隠れダンスやりたい男子は相当数いるハズです。

ダンスを始めることで、何か捨てなければいけないものなんかないし、そもそも実際にレッスン受けたらダンスそんなに楽しくない、と感じる場合もあるでしょう。

「楽しそうだなー」「やってみたいなー」という興味があるなら、ぜひ体験レッスンにチャレンジしてみて欲しいです。

友達に声かけたけど、一人もいない

こういうパターンも多いですが、だからといって諦めるのではなく、
「自分が踊れるようになったら、友達も興味を持ってくれる」という考え方ができれば素敵だなーと思います。

「ダンスしたい友達が周りに誰もおらん」って、自分がダンスしないのを周りのせいにしたり、女子が多いせいにしたらダメ。

 

ダンスやりたいのはオマエだろう!!!!!!ってことですね。

 

いい流れや環境は、自分が中心になって作るのが楽しいので、「男子が自分一人だけ」という逆境みたいなとこからスタートしてもいいじゃないですか。

マツケンがダンスを始めた頃

実際、高校一年のとき僕が初めて通ったダンスのレッスン(香椎ジャスト笑)で、男子は僕だけ。

学校でも、ダンスに興味を持ってる男子の友達は3年間一人もいませんでした。

香椎ジャストにたどり着いてレッスンに通うようになったけど、「恥ずかしい」とかそんな気持ちは一ミリもなかったのは、ただ「ダンス習いてー」という気持ちしかなかったからです。

 

「ダンスできるようになりたい」
「かっこよく踊れるようになりたい」

という、自分がダンス上手くなることしか考えてませんでした。

もともと、人から影響されるのが嫌いというか、人と違うことをやりたいタイプだったので、「男一人」とか「友達にダンスしたい人がいない」という環境が良かったのかもしれません。

まとめ▶ちょっとだけ背中を押してあげる

worry01せっかく“ダンス習ってみたい”という興味があるのに、その教室が女子ばっかりなので「ちょっとやめとくわ」となってしまうのは、スーパーもったいないなと思います。

心身共に成長のチャンスを逃す、ちょっと大げさですけど、そんな気がします。

幼い頃からダンスに接していると、リズム感や体の動かし方も自然と身につくし、DSとかスマホのゲームとかに熱狂して育つよりも、心身ともに成長するでしょうね。確実に。

 

「男が自分一人」という状況が、いかにどうでもいいことか気づかせるためにも、

もしお子さんから相談されたら『体験レッスン行ってから決めれば』と、背中を押してあげてください。

 

いくら大人が「カンケーないよ!!」とか口で説明しても、子供が自分で体感しないと気づかないので。

それでも行動できないのなら、その子のダンスに対する熱意はその程度なので、たぶんレッスンに通っても1年続かないでしょう。

そうなると、教室に通うという選択肢は完全に消えます。DVDを見ながら独学で始めるしかない。

【独学におすすめ】初心者向けダンスDVDはこちら>>

結局、ちょっとだけ背中を押してあげるのが正解だと思います。

あとは「自分が最初の一人になる」というのはカッコいいよね、というのを伝えるくらいでしょうか(^^)

スポンサーリンク

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top