マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

【コストコ】ストロベリートライフル[2018年版]を食べた感想 #ベーカリー

cos_newstrawberrytrifle00去年(2017)のちょうど今頃にレビューしたコストコベーカリーの【ストロベリートライフル】

最近リニューアルされたようなので、1年ぶりに買ってみました。

期間限定商品かなーと思いきや、わりと人気があったみたいで、ほぼ一年中売ってるなーという認識なんですが、新しくなったストロベリートライフルはどんな感じでしょうか。

確実に言えることは、総カロリーがハンパないってこと。

スポンサーリンク

【2018年版】ストロベリートライフル<購入時点>

cos_newstrawberrytrifle02商品番号▶93227
価格▶¥1598
内容量▶1500g

ティラミスでおなじみのこの四角い容器。パンパンに入っています。

cos_newstrawberrytrifle01原材料などの情報はこちら。消費期限は製造日含めて3日間です。

cos_newstrawberrytrifle03ふた、オープン!んー見た目は去年のと一緒っすね。

センターに大集合したゴロゴロいちごソース、それをぐるりと囲った生クリームの感じも同じ。

cos_newstrawberrytrifle04真横からのアングル。中段にはカスタードクリームがサンドされてるんですが、これも同じです。クリームの層の分厚さたるや。

cos_newstrawberrytrifle05ちなみに、重さは容器込みで1543gありました。

スポンサーリンク

美しく盛り付ける、は諦めよう。

cos_newstrawberrytrifle06蓋を開けたのはいいものの、あいかわらず、食べ方のイメージが湧かない。

普通のケーキのように、断面をきっちり綺麗に見せる切り方は、冷凍しない限り不可能なので、あきらめましょう。

食べ大量をスプーンですくって、皿にビターン。これが一番簡単で早いです。

cos_newstrawberrytrifle07この日はお客さんが来てたので、ナイフを使って頑張って盛り付けを試みましたが、この容器から出す手順でやたら時間がかかります。

ここで時間を使うと、食べる前にクリームが室温でゆるんで、余計にあまーく感じてしまうので、パパパパッとスピード重視で取り分けましょう。

cos_newstrawberrytrifle08平らな皿よりも、高さのあるカップやグラスの方が見栄えがよくなります。

スポンサーリンク

んー前の方が美味しかった気がする・・・。

cos_newstrawberrytrifle09クリームだけで3cmくらいの厚みが。

スポンジとクリームの割合が完全に破綻しており(いい意味で?)、大量に生クリーム食べたい派の人には、ドンズバなケーキだと思います。

僕も生クリーム大好きなんですが、4口目くらいからしんどくなったので、これはなかなかのもんです。

cos_newstrawberrytrifle11最初の一口目が一番美味しいんですけど、全体的にクリームクリームしてて、味が単調に感じてくるんですが

ゴロゴロのイチゴはしっかりと酸味があり、シャキッと感も残ってるので、いいお口直しになります。ただ、イチゴソースは、ジャムをゆるくといた感じで、ものすご甘い。

カスタードクリームの入り具合が、場所によってムラがあり、ほぼ入ってないところもあります。

cos_newstrawberrytrifle10正直、新旧のトライフルを横に並べて、同時に食べ比べても差が分からなさそうな気がします。

前より美味しくなったのかどうかは、マジで不明。むしろ、前食べたときの方が美味しく感じました。

あと半分残ってるんですけど、酸味の効いたフルーツ(パイナップル、ぶどう、キウイ、桃など)をたくさん用意しておいて、上にゴロゴロ乗せて食べようと思います。

冷凍して食べるのもいいけど、切ってラップで包む作業が手間なので、なんとか消費期限内に完食を目指します!

※08/30追記

cos_st02なるべく見た目をよく盛り付けたいなーってことで、たどり着いたのがこちらの方法。

ナイフを使ってそろーりそろーり取り分けるよりも簡単で、圧倒的に時短です。

冷凍保存するときも楽で、ティラミスにも応用できる方法なので、ぜひお試しを!

▶︎【コストコ】ストロベリートライフルのおすすめの切り方&冷凍保存方法

今月コストコで買ったものリスト【随時更新】

【まとめ】コストコのおすすめ商品&失敗したモノ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top