マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

【VLOG】動画を撮影してみて気づいた4つ大事なこと。

vlog_notice00「VLOGやります」と宣言しながら、まだ動画をアップしてないマツケンです。

が、すでに3本分くらい撮影していて、あとは編集するだけってところまできております。

1本目の編集は、今週末までに終わらせたいんですけどねー。

僕の作るVLOGは、やはり「自撮り」ベースなんですが、いかんせん自分を撮るのに慣れてないので、めちゃくちゃ大変。

で、実際に動画を作るテイで撮ったとき、気づいたことが沢山あったので、自戒を込めてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

気づいたこと①トークが下手すぎる

vlog_notice01「カメラを前にしゃべる」というのは、VLOGの基本中の基本。

これが、やってみるとなかなか難しいんですよ。

全くスラスラ喋れません。バグって日本語の文法を忘れてしまったかのように、言葉が出てこなくなります。

噛んだり、詰まったりするところを、カットして繋げば、見やすくはなるけど、その箇所があまりにも多いと肝心の話が入ってこなくなるので、なるべくトーク部分のカットは最小限に抑えたいのですが・・・

こんなにも喋れないものか、と。

もともと自撮りが得意ではなく、しかも今やろうとしてるのは動画。

全く使えないNGテイクだけが淡々と増えていき、バッテリーも減るし、容量も減るし、イメージ通りに進まないのでホント消耗します。

Youtubeに動画出してる人たち全員尊敬するようになりました。

気づいたこと②トーク中の変な癖を発見

自分が喋ってるシーンの映像をチェックしてて気づいたのが、変な癖が出てること。

  • ありえないくらいの回数のまばたきをしてる
  • 目が開いてない
  • 「はい」「えー」が多すぎる
  • しゃべりのテンポが遅すぎる
  • 目線がレンズじゃなくモニタに行きがち

おそらく「カメラを前に自撮りする」という状況で発動した症状だと思うんですけど、

自分が見てかなり気持ち悪いので、他の人が見たらそれ以上にストレスになると思いました。

スポンサーリンク

気づいたこと③表情

自然に出る表情。めっちゃ大事だなーと思いました。

僕は笑顔がブスになるので、そもそもあんまり笑顔を作るのは得意ではありません。

でも、せめて”固い表情”だとか、”無表情”にはならないように気をつけてます。

カメラマンに話しかけてるイメージで話せば、ナチュラルに話せそうですけど、実際に自分一人しかその空間にはいないので、なかなか難しい。

「画面の向こう側、すぐそこにいる人に話してるイメージで話せる」みたいなサプリが売ってたら、箱買いして今すぐ飲みたい。

気づいたこと④屋外撮影時の環境音

動画は、「画質」だけでなく「音」も同じレベルで重要な要素です。

屋外でしゃべるシーンを撮ったんですけど、まー風切り音の強いこと。

動画を見てて「ノイズがあるな」と一瞬でも思われると、動画の内容が薄まってしまうんですよね。

どんなに内容が良くても、最終的な感想は

「ノイズがなければね」
「風切り音がうるさい」

ってなっちゃいます。

トーク部分の撮影中、おじさんがグラウンド内でラジコンを爆走させてる音や、飛行機の通過音が入ってるものがあったんですけど、マジで使い物になりません。

メインで使ってるカメラの風切り音対策をまだやってないので、自作のモフモフをつけて対応しようと思います。

まとめ

vlog_notice02↑「GOODボタンよろしくおねがいします〜」のくだり。表情の固いこと。

いやー致命的な気づきの多いこと。

動画を投稿してる人は、みーんなこういうのを通ってきてるんですよね。すごいわ。

ちゃちゃっと喋って撮影してるイメージがあるけど、地味で大変な作業だと思いました。

圧倒的にトークが下手なことが判明したので、喋りたい内容は文字起こすようになりました。

トーク部分でのNGがかなり足を引っ張ってるので、これを効率よく回していくには、現状だとカンペを作った方が良いと判断。

果たして、僕にトークがスラスラできるようになる日が来るかは分かりませんが、とりあえず頑張ってみたいと思います。

あとは編集!!頑張れ自分。

ということで、現場からは以上です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top