マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

DJISpark用ジンバルカメラ保護カバーを導入!移動&保管時の予期せぬ破損を防ぐ

djispark_protector07DJISparkを持ち歩くときは、購入したときのケースに収納してるんですけど、

本体正面の、ジンバル・カメラ・センサー部分はむき出し状態なので、出し入れするときは毎回肝を冷やしています。

一番精密な部分がむき出しになってるのは、精神衛生上よくない。僕にとっては、画面の保護シール&ケースなしでスマホを使うくらいストレス。

ということで、この部分を完璧に保護してくれるカバーを導入しました。

スポンサーリンク

精密部分を完全防御!

外でドローンを飛ばす機会が増えると、「なんでデフォルトで付いてないの?」というものがちょいちょい出てきます。

djispark_protector01その一つが、この保護カバー。Sunnylife社で¥720でした。

djispark_protector02透明度高めな、ちょい黒めのプラスチック素材で、センサーとカメラ部分をまるっと保護してくれます。

djispark_protector06二軸のジンバル部分は、触れるとプルンプルンと動いて、衝撃に強そうには思えないし、センサー部分やカメラのレンズも、ふとした瞬間に傷を発見してしまったら、スマホの画面が割れた時以上に心が傷つくはず。

スパークをケースなしでバッグに出し入れすることは今後もなさそうですが、ケース内とて油断は禁物です。

細かい砂利のようなものが、収納するときケース内に紛れる可能性はゼロじゃないですからね。

Sparkユーザーは買わない理由がないんじゃないだろうか

djispark_protector05本体に装着した図がこちら。

正面からまっすぐスッと差し込むだけでハマります。ケースにも干渉しない最小限のサイズ。

djispark_protector03センサーとカメラのすき間にカバーのツメが入ることで固定される仕組みなんですが、スッポ抜けることはまずないと思います。

ツメ部分が削れたり割れると、スコスコ抜けそう。しかし、そんなに高い価格ではないので、消耗品的な位置づけで買い直せばいいのかなと。

 

「アレ?」と思う部分を一つ挙げるならば、バリが未処理の部分があったこと。

djispark_protector04全体的にツルツルして綺麗だなーって思ってましたが、一箇所がっつりバリが残ってたので残念でした。しかも結構粗め。この辺もう少し丁寧に作って欲しいなぁー。

スパークを開封するときは、こういう形のカバーがハマってたんですけど、再利用できないタイプだったんですよね。購入後、しばらく精密部分むき出し状態だったので、このカバーはマジで助かります。

スポンサーリンク

絶対的な安心感

djispark_protector08保管・移動中の予期せぬ破損って、一番悔しいと思うんですよ。

このカバーを使うようにするだけで、少なくとも「ケースに入れてたのに傷が入っとるし!」みたいなことはほぼ無くなりそう。

こないだ海水浴に行ったとき、海岸線で飛ばしたんですけど、出し入れするとき砂がすごい怖かったので、

バッテリーとか予備のプロペラと同じように、マストなパーツだと思います。

スパークも発売からしばらく経ち、関連パーツがちょいちょい増えてるので、Amazonチェックするのが楽しいです。

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件204

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top