マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

コストコのスプレインウォッシュが最強のシミ抜きスプレーか検証してみた

cos_spraynwash00コスパのいいコストコの大容量洗剤は賛否両論ありますが、その中でも長年高い評価を維持し続けているスプレインウォッシュ

シミ抜きスプレーと詰め替えボトルのセットです。

「これ最強やでー!」
「リピート確定でおまんがなー!」

という口コミや記事が多いのですが、直で使ってる人の使用感を聞いたことがなかったので、今回自分で検証することにしました。

スポンサーリンク

商品情報<購入時点>

cos_spraynwash02商品番号▶423836
価格▶¥1188
内容量▶650ml + 4.26L

まもなく2歳になる長男もかなりわんぱく小僧に育っておりまして、洗濯物の汚れ方が右肩上がり。

水たまりに靴ごと突っ込んでバシャバシャ跳ねたりするのは日常茶飯事でございます(´Д` )

普通に洗って落ちない汚れも増えてきたので、たっぷり使えるのは嬉しい。それにしても詰め替えボトルが4L以上て。

cos_spraynwash01パッケージは英語ですが、裏面のシールに日本語で使用方法が記載されてるのでご安心ください。

ただ、スプレーとボトルを包んでる透明フィルムを剥がすと、100%シールが破れる仕様になってるので、綺麗に剥がすか画像で残しておくことを強くおすすめします。

 

使い方や注意点をザックリまとめると、以下の通り。

01. 汚れを覆うくらいたっぷりスプレーし、繊維に染み込ませる。
02. 1分~5分程度放置→いつも通り洗濯する。
03. スプレー後は放置・乾燥させない。
04. 漂白剤系の洗剤と一緒に使用可。

 

これまで塗り込み式のシミ抜き液を使ってたんですが、塗り込む過程で液体が手につくことが多いんですよね。

これはスプレーで汚れてる部分に直接ぶっかけるだけなので、楽かもしれません。

それでは早速検証してみましょう。

スポンサーリンク

子供の靴(泥汚れ)とスリッパ(皮脂汚れ)で検証

cos_spraynwash04この記事を書いてるときに長男がちょうど水たまりに突っ込んでくれた(?)ので、こちらの子供用シューズに使用します。「全面グレーで分かりづらいわ」という声が聞こえてきそうやけど、シカトしておきます。

cos_spraynwash05外の泥汚れよりも、裏地の黄色がめっちゃ汚れてるのが気になる。裏地が明るい色なので、より汚れが目立ちますね。

cos_spraynwash06ここにたっぷりスプレインウォッシュをスプレー!!

日本の製品にはない海外っぽい独特な雰囲気の香り。匂いは強めです。

cos_spraynwash075分放置した後は、洗濯洗剤を溶かしたぬるま湯に浸け置きし、ノーマルな手順で手洗い。

 

cos_spraynwash08もう一つは、無印で買った室内用のスリッパ(草履)。

つちふまず以外の部分がバチクソに汚れています(すいませんの世界です)。

冬でも靴下いらずで快適に過ごせるので毎日履いてたんですが、画像としてみると引くほど汚れてて悲しい気持ちになりました。

何も特別なことをせず、説明書き通りきっちり5分放置して、洗濯機で洗いました。

【結果】確かに落ちとる。

ビフォーアフターを並べてみましょう。

cos_spraynwash09こちらが子供の靴。

「新品同様!」とまではいかないけど、これまで洗って落ちなかった黄色の部分の汚れが、かなり消えてます。

ブラシでゴシゴシこすったわけでもないのに、結構落ちとる!

cos_spraynwash10続いてスリッパ。

アングルと光の向きが揃ってないのですごい分かりづらいんですけど、かかと部分の色はしっかりと元の白を取りもどしております。

一番汚れてた親指部分は、50%くらい薄くなってる気がします。

もうちょっとスプレーの量を増やして、揉み込んで繊維に液体を染み込ませたら落ちそうな予感。

スポンサーリンク

思ったより使いやすくて良かった

cos_spraynwash03500mlのペットボトルより大きなサイズですが、しっかり握れる形になってるので満タンの状態でも使いづらさは感じませんでした。握力の弱い女子はアレかも。

今回の検証では、パパッと使っただけなのに汚れが落ちてくれました。

“浸け置き時間5分まで”となってるけど、この時間をもっと長めにとったり、液体を浸透させる方法を工夫することで、もっと洗浄力は上がりそう。

スリッパは、洗濯洗剤+柔軟剤で洗ったんですけど、柔軟剤の香りよりもスプレインウオッシュの方が強く残ってて、乾いた後もうっすらと残ってます。

ま、許容範囲ですが。

全部で5Lくらいの容量があるので、毎日ドバドバ使える安心感はあるけど、このアメリカチックな洗剤のニオイがどうか、というので好みが分かれそうですね。

スプレーする回数が多ければ、要換気!

「シミ抜きスプレーとして最強なのか」というのは、結局よく分からないままですけど(笑)、『オキシクリーンと併用することで最強になる』という話をよく聞くので、また検証したいと思います。

詰め替え用ボトルを半分サイズにして、値段を1000円以下にしてくれると買いやすいのに。

4.26L+650mlスプレー RESOLVE スプレーinウォッシュ (シミ抜き)
Reckitt Benckiser
売り上げランキング: 63,289

今月の買い物リスト

おすすめのまとめ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件3488

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top