マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

コストコのシュガーフリー版SHARK(シャーク)エナジードリンクを飲んでみた

cos_sharksf00低糖質生活において、山ほど糖質が入ったジュース類は最も避けてしかるべきものなんですが、

やっぱ飲みたいじゃん!ということで、糖質のないカロリーオフのレッドブルをちょこちょこコンビニで買って飲んでるんですが、まーコスパが悪いんですよ。

180mlのショート缶でも1本¥206。

ということで、コストコで売ってるエナジードリンクのSHARK(シャーク)の“シュガーフリー版”を発見したので購入してみました。

スポンサーリンク

商品情報<購入時点>

cos_sharksf01商品番号▶588167
価格▶¥2998
内容量▶250ml x 24本

コンビニで買うのがあまりにコスパ悪いので、普通のSHARKを買おうかとジュースの棚を見ていたところ、同じ並びにこのシュガーフリー版が置いてたんですよね。マジでラッキーでした。

通常版の糖質量は、250mlあたり37.5gとなかなかの量になりますが、シュガーフリータイプは糖質ゼロ。

cos_sharksf03保存料・砂糖不使用のゼロカロリーですが、エリトリトール/アセスルファムK/スクラロースなど定番の人工甘味料はきっちり入ってますので、これらが気になる人にはオススメできません。

cos_sharksf02基本デザインは同じなんですが、元のカラーのシルバーとホワイトが反転しており、メインカラーのブルーも明るいトーンに。

後述しますけど、レッドブルと色の分け方が同じ感じなので、これがどっかの店でバラ売りされてても、パッと見「あ、これシュガーフリーのやつや」とわかるはず。

スポンサーリンク

見た目は同じ。しかし・・・

cos_sharksf04グラスに注いだ感じですが、、、普通バージョンとまったく同じ。

リアルゴールド的なイエローです。

肝心の味なんですが、シュガーフリー版とは思えないほど同じ。

レッドブルに関して言えば、けっこう「差」を感じてるんですけども、シャークは同じ。

むしろ通常バージョンよりも、甘ったるく感じてしまいます。

cos_sharksf05この原因はシュガーフリー版が「微炭酸」であり、この微炭酸がものすごく微炭酸であることにあると思います。

炭酸飲料の炭酸量のピークって、プルタブをプシュッと開けたときが最大で、そこから右肩下がりに炭酸が抜けていくのが普通ですが、

このシャークは、開封直後の炭酸がすでに弱いんですよ。

弱すぎ。

例えるなら、開けたばっかりなのに、飲み残したコーラを蓋ゆるゆるの状態で3日間くらい放置した後くらいの弱さです。

飲み残して放置したやつみたいに、炭酸のシュワシュワ感がない分、甘ったるく感じてしまいます。

微炭酸でもここまで微炭酸なのは、これが初めてかも。

カロリーオフ版のレッドブルと比較

cos_sharksf07シャークとレッドブル、缶の色なんかもそっくりなんですけど、カロリーオフ版に関してはレッドブルの方が好きです。

理由は「炭酸量」。

味はシャークの方が好きなんですが、炭酸量が圧倒的に物足りません。困った。

cos_sharksf08成分表示も同じような感じです。

スポンサーリンク

糖質が多くてもシャークは通常版を買うわ

cos_sharksf06低糖質ダイエットをしてる人が、ガバガバ飲むものではないけど、「微炭酸」があまりにも飲みづらいので、今度買うなら通常版を買います。

それにしても、なんで微炭酸にしたんやろか。微炭酸好きでも物足りないくらい弱いし。

それと値段についてですが、コストコで販売されるようになってからずーっと¥2700台で定着してたんですが、¥200くらい値上がりしております(記事更新時点)。

それでも1本あたり約¥125なので、コストコだとだいぶ安く買えるのは間違いありません。

今月の買い物リスト

このカテゴリのまとめ

今週のコストコ人気記事

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件926

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top