マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

福岡太宰府の似顔絵ショップで世界に一つだけのウェルカムボードが作れるので行ってきた

wb00私事で恐縮ですが、11月の中旬に結婚式をすることになりまして、事前準備に追われています。

結婚式・披露宴で欠かせないのがウェルカムボード

式場のオプションで発注する人もいれば、自分で自作する人もいるし、どんなウェルカムボードでゲストの方々をお迎えするかはカップルごとに違ってきます。

私たち夫婦が選んだのは、似顔絵(カリカチュア)のウェルカムボード。ということで、太宰府のイケメン似顔絵師さんの元に依頼してきました。

料金とか、打ち合わせの雰囲気とか、納期とか、今回はその辺をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

カリカチュアの似顔絵って、写真にはない独特の雰囲気があって超ツボなんですよね。

「うわー似てるー!」

というあの感じ。
僕もいつか描けるようになりたい、と本を購入したくらい。

結婚してなかったら、東京のスクールに通っていたかもしれないくらい、似顔絵を描けるというのは僕にとって憧れの技術なんです。

まだ自分では描けないので、今回の結婚式ではプロに発注することにしたわけです。

マタニティペイント・似顔絵については過去記事をご覧ください。

相変わらずイケメンな似顔絵師:コトカズさん

wb02似顔絵師コトカズさんは、爽やか・ハンサムを立体化した顔面で、相変わらず安定のイケメン具合です。(画像は後ほど)

10月とはいえ、日中はTシャツで過ごせるほどの陽気なので、アトリエのカーテンは全開。

夏や冬はエアコンの関係で、カーテンがかかっていますが、春・秋はアトリエが丸出しになっているので、通行人の人もしげしげと飾ってある作品を眺めていました。パンフレットを持っていく人も多かったです。

ウェルカムボード制作依頼の流れ

似顔絵の場合は、このアトリエで描いてもらう(10分~15分)わけですが、ウェルカムボードになると、発注→納期に取りに来る、という段取りになります。

このアトリエで依頼者がすることといえば、資料として顔の写真を撮る程度です。

あと決めること言えば

・どのサイズで作るのか
・どんなイメージの画にするかリクエスト

サイズによって料金は変わるし、登場させる人数やキャラクターによって料金が追加されます。

制作料金と今回僕が発注した内容

wb04こちらが価格表になります。

せっかくなのでA3サイズにしようと考えましたが「式場では映えるけど、家で飾るなら大きく感じる」ということ。

いろいろ踏まえて、発注した内容がこちら↓↓

  1. サイズB4。
  2. 息子も登場するので人数追加1人。
  3. 背景イメージは、ざっくり海(リゾート・ビーチ)で。
  4. 嫁→白ドレス+ヴェール付
  5. XXXXXXXX

 

下書きができると、その画像をメールを飛ばしてくれるので、それを見て修正やリクエストをすることができます。

過去に「グレートバリアリーフと虹とドラムを描いて」というリクエストにも応えたとのことなので、多分何リクエストしてもいい感じに描いてくれます。

ゴルフ好きならクラブをスウィングしてるポーズで、とか
サーフィン好きなら波乗りしてるポーズで、とか

そういったリクエストをすることができます。

で、この下書き状態でOKがでれば、線入れ&色つけ〜という流れ。

 

似顔絵とは違って、胴体や、背景など描く部分も多くなり、下書きの修正などのやりとりもあるので、発注するなら最低でも式の1ヶ月前くらい余裕を持っておくことをおすすめします。

あ、料金の支払いは受け取りの際に
※遠方の方は発送で対応できると思います。

スポンサーリンク

 

ツウの頼み方▶強調して

dazaifu09カリカチュアという技法は、インパクトのあるパーツを誇張して表現する似顔絵のことなんですが、強調ぐあいで印象がガラリと変わります。

鼻が大きな人はより大きく
目がデカイ人はよりデカく
顎がしゃくれてる人はより前に
顔が長い人はもっとロングに

その人の特徴を、より強調した描き方の方が、面白い画になるので、今回は”強調した感じ”というのを依頼の際に付け加えました。

↑の⑤の伏字は”強調して”が入ります。

ノーマルな感じは、もう描いてもらっているので、このウェルカムボード楽しみです。

発注の際に用意しておくもの

描いて欲しいモノの画像のデータをまとめて送りましょう。

顔もパターンもそうですが
笑顔といっても、微妙にニュアンスが違いますからね。

同じ人物でも、
目を閉じて笑うのか、口を全開で笑うのか、で違ってきますからね。

どの表情の笑顔か、というのもリクエストしてもいいし、お任せでもいいと思います。

髪型のパターンだったり
タキシードだったり
ドレスだったり

描いてもらいたいものは、画像データを資料として渡しておけば、忠実に再現してくれます。きっと。

画像があると、イメージも湧きやすそう。

逆に「全部お任せで〜」というのは発想しなければならない部分が大きいので、大変みたいです。

スポンサーリンク

 

太宰府で作れる”世界に一つだけのウェルカムボード”

ウェルカムボードとしての役割は一瞬ですが、カリカチュアだと式が終わった後も、ずーっと家に飾って楽しめるというのがイイんですよ。

しかも、世界に一つだけのオリジナルの絵画。

うーん、似顔絵師さんてスゲー、と改めて思いました。

wb01もうじき5ヶ月になる息子を抱っこしてくれたんですが、

子供のあやし方もかなり慣れているので、子連れの方も安心して連れてって大丈夫(^^)

もはや我が家の行きつけと化している、太宰府の似顔絵ショップの紹介でしたー。

TV放送後は毎回お客さんが増えるみたいで、捌き切れないこともあるらしいです。 テレビで見かけたら、直後ではなく、少し間を空けて行くと混雑なしで描いてもらえますよ〜。

問い合わせはこちらからどうぞ>>似顔絵ショップCOTONTOCO

 

(追記)
実際に作ってもらったウェルカムボードがこちら↓↓

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top