マツケンBLOG

70kg→63kgまでの減量成功記録

自動でラクラクは楽しくない。全力でやるから楽しい

think_man今年も残すところあと49日となりました。

ネットビジネスに取り組むようになって3年弱、暮らしていけるようになって1年くらい経ちますが、一日一日が濃いです。ぼーっとしてるわけでは無いんですけど、あっという間に過ぎていきます。

前回の更新から一ヶ月くらい経ちますが、ボチボチ生きています。

7月の手動ペナから新サイトを立ち上げて、順調すぎるくらいの結果が出ていて少し心にゆとりが持てている状態です。10月は過去最高の収益をマークすることができましたし、下半期に達成したい一つの目標をクリアすることもできました。

数字だけ見るととてもいい感じで、他の人からみても順調そのもの。作業量は33%ほど減らしているにも関わらず、仕込んだサイトはドンドン成長していっています。

 

が、しかし!

 

先月の中盤くらいから、全然楽しくない!!という精神状態に陥っていました。

色々な方からおすすめの書籍をうかがって、即買して読む、という贅沢なことをできたので、全然イイんですよ。全然いいんです。

こんな贅沢な時間の使い方をしてるなんて、ペナをくらってテンパってた7月中旬には考えられないことです。

 

※「ナイスバディの美女が、太ももをもうちょっと細くしたいわ」的な話になりますので、ご了承くださいませ。

一番楽しかった10月。一番楽しくなかったのも10月

10月の上旬はものすご楽しかったんですよ

「9月のオワリくらいの数字がこのサイトのピークだろう、ここをキープしよう」と思っていたのに、そこから毎日毎日アクセスが伸びていくんですよ。

「わ~また伸びた」
「わー更に伸びとる」
「リアルタイム200超えた!」

なんてことが10月の1週目に起こりまして、アクセスと収益の記録を更新する毎日でした。

まー不思議なもので、それから予想の斜め上をいく圧倒的な数字を残しているにも関わらず、感覚はマイナス方向に変化していきます。

“いつ下がる”のかという恐怖

これまで経験したことないような爆伸びを体感したわけなんですけど、一瞬で慣れてしまうんです。

先月よりも格段にいい結果が出てるけど、そこが自分にとっての最低ラインになってしまいます。

トレンドサイトで10万円目指していた2013年の7月8月は、日給1000円超えただけで「ぴーひゃらぴーひゃら」喜んでいました。

1000円が最低ライン→1500円が最低ライン→3000円……

新記録を出すたびに一瞬幸せを感じるのですが、余韻ってのはそんなに残りません。

で、先の10月は、記録が上書きされていくたびにドンドン追い詰められる感覚になりました。日給10000円がデフォルトになったとき、9999円に終わった日は絶望だしイラつくし焦りを感じます。

【いつ下がるのか】という恐怖を常に感じるようになり、そう感じだしてからは全然楽しくなくなってしまいました。

“成功に縛られる”ってことに向き合う

月収30万くらいあれば、普通に暮らしていける金額ですが、僕はそれ以上を狙ってビジネスに取り組んでいます。

収入の天井がないのがこの業界の魅力なので、自分が一体どれくらい稼げるのかってのを知りたいです。

この業界でいえば

月収10万円・30万円・50万円・70万円・100万円…

ってドンドン目標を右肩上がりに設定していくと思うんですけど、目標を達成しても一瞬で不幸になる気がしてます。

100万円の大台を達成しても、翌月80万円だったらもう幸せじゃない。下がったら焦ります。

100万円達成したら翌月は101万円超えないと精神的には安定しないんじゃないかなー、と。

極端な話をすると、死ぬまで数字アップさせていかないと、この仕事で満足感や達成感を得ることは難しいんじゃないかなーって。

 

ん、この感覚は、この仕事に限らず全ての仕事に共通するか。

 

お笑い芸人だったら、冠番組やレギュラーの本数が1本でも減ったら焦るやろうし

錦織圭が、4大大会で予選落ちしたら焦るやろうし

本田圭佑が無回転シュート打ったのに、ちょっと回転かかって普通のスピードボールしか蹴れんやったら焦るやろうし

TOEICで990点とり続けた人が、1問でも間違ったらイラつくやろうし

 

楽しくなかったワケ

僕が”楽しくなかった、楽しめてなかった”のには一つ確信があります。

それは、ほぼ”自動でラクラク”結果が出てしまっていたこと。

自分の全能力をギアMAXで使い切った・絞り出した感覚は一切なく、10%くらいの力でアイドリングしてた感じです。

裏ワザで無敵状態になったドラクエで、ラスボスも雑魚同然に殴り倒せるような感覚です。

チートをすると、とたんにゲームから楽しさが消失します。そして飽きます。

ネットビジネスをしていても、そんな感覚になるんだなーっと体感しました。

アフィリエイトを辞めて普通の会社勤めに戻る人もいるって話も、なるほどなーと理解できる気がします。

一生懸命全力で取り組むからこそ楽しい

先月からこの経験をしたことで気づいたのは、

一生懸命全力で取り組むからこそ人生は楽しいってこと。

宝くじでいきなり億単位の収入を得た人のほとんどが不幸になるというのは真実で、カンタンにサクッと結果が出るとな~んも楽しくないです。

ネットビジネスのバナー(広告)とかでよく見かけますよね、

「カンタンらくらく・・・」
「一日30分の作業で・・・」
「パソコン初心者でも・・・」

こういった文言には、不幸の要素が詰まりまくってる気がします。

一生懸命ゴリゴリと全力で努力した結果、「かんたん・ラクラク・自動」ってのが実現できるだけ。

その過程を一生懸命取り組めることが、実は幸せなんじゃなかろうか。その時点で成功なんじゃなかろうか。

こんな気持ちにたどり着きました。

 

お金は沢山無いと困りますので、これからもガンガンやっていきますが

自分のこれからの行動のアプローチがちょっと変わってくるかなーと思います。

振り返ると、ペナから復活するために全てを返上してゴリゴリ作業に没頭していた8月の方が充実していた気がします。

一つ力を抜くと、全部の力が抜けます。人間ってそんなもんです。

「こっちを8割、こっちを2割」だなんて、頭では計算できますが、実際にキッチリわけてうまい事取り組める人はそういません。

これを解決するには、うまい事やろうなんて考えずに全部フルパワーでやること。

▼僕でいえば▼
ダイエットも頑張るし、
サイト作りも頑張るし、
YouTubeも頑張るし、
読書も頑張るし、
写経も頑張るし、
ダンスも頑張るし、睡眠も頑張るし、

 

目の前のことを全部全力でやり切ること、自分の実力を出し切ることが、精神的な成功に結びつくのかなーと。

「頑張れてないなー」と感じるときは、多分全体的に頑張れてないです。

 

何かで読んだんですが、

「彼女が出来ねー」が口癖の男は、仕事もできない人なんだとか。モテる男は仕事も遊びも出来るワケですよ。

 

僕はあと15年はモテたいので、全部頑張ることにします!!

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

Return Top