マツケンBLOG

ボディメイク関連記事はこちら

これから読書を始めたいあなたにピッタリな最初の1冊#賢者の書

book_first0030歳になるまで本を読む習慣が全くなかった僕マツケンが、これまでの活字アレルギーがうそのように、取り憑かれたように本を読み漁るようになりました。

それは一冊の本との出会いがキッカケです。

偶然手にした一冊の本が、幸運にも「この本はオレのために書かれてるんじゃ…」という内容で、

その本を読み終えた後は、自分のOSが再インストールされたような、まったく別の人間に生まれ変わったような気持ちになりました。

この本に出会ってなかったら一体どんな人生が続いていたのか…正直想像するのが怖いっす。

いま読書の習慣が全くない人というでも、漠然と「本を読みたいなー」と思ってる人は結構いるんじゃないでしょうか。

そこで今回は、これから読書を始めたい人に超絶オススメ!という”とっておきの一冊”を紹介します。

スポンサーリンク

喜多川泰/著「賢者の書」

book_trigger01喜多川泰/著「賢者の書」。

こちらの記事で詳しく書いてますが、この本は、僕の人生の指針となっているバイブルです。

読書が楽しくてたまらなくなった→成長

人が読書にはまるキッカケは色々あると思いますが、僕が読書にのめり込むようになったのは、

読み終えたあとの自分に「成長」を感じられたから。

「賢者の書」の中で、主人公の少年サイードは、人生で本当に大切なこと(考え方)を9人の賢者から学び、学ぶ度に成長していきます。

その内容は、非常にシンプル。ごくごく当たり前のことかもしれません。

小学生でも理解できる内容ですが、文字として読むことで、改めて確認することができます。

サイードが成長していく物語ですが、サイード=自分と置き換えて読み進めていくと、自分も一緒に成長することができます。

「ああーオレ成長してるなー」

こういった【内面の成長】を実感できる場面って、普通に生活してても中々やってこないんですよ。

テクニックやノウハウなど知識や情報ではなく、根本的・本質的な内容なので、ズシッと響いた分、より成長を感じられるのかもしれません。

スポンサーリンク

何回も読み返したくなる作品

book_trigger02「賢者の書」は読む度に気づきをくれ、読む度に成長を実感させてくれます。

何十回も読み返したくなる作品は、世の中にそうありません。

喜多川作品全てを読みましたが、第一作目となる「賢者の書」がルーツになっているというか、作者が一番伝えたいテーマはこの1冊に集約されていると感じます。

普通の小説だと、よっぽど気に入ってない限り、一回読んだら読み返すことはほとんどなくなります。オチが分かってますからね。

そういう意味でも、「賢者の書」は他の本と一線を画す存在だと思います。

スポンサーリンク

最初の一冊目が大事

読書習慣のある人が、なぜ本を読むのか。読み続けるのか。

それは、新しい本との出会いが、自分自身の成長につながることを知っているからです。

日常生活、人とのコミュニケーションの中でしか得られない成長も、もちろんあると思いますが、読書からでしか得られないものもあります。

逆に、そういう本に出会えないと、一冊目はだたの単発で終わり、習慣化するのはしばらく先になりそうです。

なので最初の一冊目は重要です。

読書習慣のない人の腰の重さたるや、自分が一番理解しております(笑)。

賢者の書(新装版)
賢者の書(新装版)

posted with amazlet at 17.01.27
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 4,026

Amazonの評価がクソ高いんですが、そちらのレビューの方が参考になるかも。

読み終えた後の「まるで別人感」「生まれ変わった感」をぜひ体感して頂きたいですけれども、

ここまで読んでくださった方でも、実際にこの作品を読む人は10%以下。残念ながら、そうなのです。

読書したいなーと思ってるのに、読まないままいつも通りの一年を過ごす人の方が圧倒的に多いので、まずはこの1冊を読んでみることから始めてみましょう。

あわせて読みたい

この記事はいかがでしたか??
⬇のソーシャルメディアボタンでシェアしてもらえるとうれしいです
コメント0件951

*

コストコ関連記事

ダンス関連記事

More
Return Top